garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

岬屋 黒飴

 

暖房ガンガンの部屋でのお仕事で、みなさんの喉の調子が心配です。
そうだ。にゃんこ先生が言ってた黒飴、買ってきてもらおう。

f:id:garadanikki:20150223092101j:plain


師と仰ぐ、にゃんこ先生を使いっぱしりしてしまいました。

すいませ~ん。

f:id:garadanikki:20150223092104j:plain


おうおう。いいじゃないですか。
シンプルな包装だけど、中身が命。

ここの黒飴は、吟味された材料で作られてるんだって。
成分表に、赤糖と中双糖と書いてある。
以前は黒糖を使っていたこともあったそうですが、甘味とねっとり感の問題で赤糖にいきついたんだそうです。

中双糖は、ザラメのこと。

 

f:id:garadanikki:20150223092102j:plain
「サラッとして美味しい」というのが、食べた方の感想でした。

富ヶ谷の岬屋さんは、由緒正しき京菓子屋なんです。
まだMOURIのお父さんが存命の頃、父の日に差し上げたことがあったなぁ。
お父さんの感想がふるってて、「作家になった気分だ」とのことだった。

 

古代蒸というのがあって、小豆と大和芋を使った、それはたいそう上品な和菓子です。
浮島っていうんだけど、いわゆる蒸しケーキ。
限定販売だったと思うけど、当時 (15年前) のワタシには、もったいないお菓子でした。

「もっと大人にならないと、このお菓子の良さは分からないんだろうな」と思った記憶があります。

岬屋さんのお菓子は、どれも上品で手のこんだものなんだけど、

何故か京菓子よりも、夏は水ようかん、冬は黒飴が人気なんだって。

「ウチは飴屋じゃないんだけどなあ」とご主人がしょげているとか、いないとか…。

京菓子 岬屋
〒:渋谷区富ケ谷2-17-7
TEL:03-3467-8468
定休日:日曜日、月曜日、祝祭日(節句・彼岸を除く)
営業時間:9:00~19:00