読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

リッチマン、プアウーマン 第2話

【あらすじ】 
朝比奈恒介 ( 井浦新 ) に対して偽名がバレてしまった千尋だが、

今しばらくPFプロジェクトに関わることになった。


藤川 ( 大地真央 ) との面会の帰り、車に忘れた就活靴を返して欲しいと頼むが、

日向は 1万円札を数枚を突き出し「捨てたから新しいものを買え」という。

f:id:garadanikki:20160715110552j:plain

f:id:garadanikki:20160715110550j:plain f:id:garadanikki:20160715110551j:plain


山上芳行 ( 佐野史郎 ) は、日向のやんちゃぶりに辟易。
酔っ払って「日向の解任決議を出そう」と愚痴る。

f:id:garadanikki:20160715110553j:plain


朝比奈燿子 ( 相武紗季 )のパーティー。

日向は、暢子の作ったオムライスがいたく気に入った様子。

f:id:garadanikki:20160715110554j:plain

日向に暢子から「忘れられちゃってるみたいだけど、昔あったことあるんだよね」と明かされる。

f:id:garadanikki:20160715110555j:plain f:id:garadanikki:20160715110556j:plain


最終面接の通知が届いた千尋は「受かったらその会社で働こうと思う」と、朝比奈だけに報告する。
そんな最終面接の朝、「今から来られないか。」と千尋に電話をする朝比奈だが、思い直して電話を切る。

f:id:garadanikki:20160715110600j:plain

千尋が学生であることがバレてしまい、総務省に呼び出される日向と朝比奈。

f:id:garadanikki:20160715110557j:plain f:id:garadanikki:20160715110558j:plain

弁明する朝比奈だが、就活スーツ姿の千尋が入ってくる。

f:id:garadanikki:20160715110559j:plain

あまりの間の悪さに、顔をしかめる日向。結局、NEXT は、総務省への出禁をくらう。

千尋は総務省に謝罪に通うが、藤川は取り合ってくれない。

f:id:garadanikki:20160715110602j:plain

f:id:garadanikki:20160715110603j:plain

何日かして転んだ拍子に立ち止まってくれた藤川に
「自分のことは全部嘘だが、日向らがやろうとしていることは本物だ」と叫ぶ。

f:id:garadanikki:20160715110604j:plain

「騙されたのは不愉快だが、自分が怒っているのは、

 自分にも日向と同じ志があることを日向が気づいていないからだ」

f:id:garadanikki:20160715110605j:plain

藤川はそう言って、静かに去っていく。

千尋のいる大学キャンパスに日向がやってくる。

f:id:garadanikki:20160715110606j:plain

理由は、千尋の靴と、NEXTへの復帰と、謝罪。
だかその口調はひどくぶっきらぼうで、どう見ても怒っているようにしか見えない。

f:id:garadanikki:20160715110608j:plain


千尋は、NEXT が許された本当の理由を藤川から聞く。
出張先に現れた日向が、大量なデータ1時間で新しい個人ファイルに移行させるデモンストレーションを披露したのだそうだ。

f:id:garadanikki:20160715110618j:plain

「国の仕事が遅々として進まないのに一番いらついているのは、あなたじゃないですか?」

f:id:garadanikki:20160715110619j:plain

「新しく生まれてくるものを否定して旧態依然としているよりも、

 新しいものの実力を見究めて取り入れる。それが本当に賢い人のやり方なんじゃないですか?」

と、核心を突かれたのという。

f:id:garadanikki:20160715110617j:plain


晴れて NEXT のインターシップ生となった千尋は、日向とエレベーターに乗り合わせる。

f:id:garadanikki:20160715110621j:plain

千尋の服を見た日向は、「皮膚感覚が戻ったようだ。…今日のほうがいい」と言う・・・。

f:id:garadanikki:20160715110622j:plain f:id:garadanikki:20160715110620j:plain

 
【鬼の形相シーン】
千尋のいる大学キャンパスに、日向がやってくると、流石 IT業界の申し子、時代の寵児と言われるように、わんさかわんさか学生が集ってきます。その人ごみから、千尋めがけて突進してくる日向は、正に鬼の形相。

f:id:garadanikki:20160715110607j:plain

千尋の言う「うわっ! なんであんな怒ってんの」と思わず言ってしまう。

f:id:garadanikki:20160715110611j:plain


2話のクライマックスの場面ですが、とても良かったので抜き出してみました。
日向

「お前はバカかっ! 最終面接の重みがわかっていながら、何故そっちに行かない。
 自分の将来を左右する面接と、他人の会社のよく理解も出来ない事業と

 どちらが重要だ。そんなことも正しく選べないのか。」

千尋 「うっ、それは…あなたの役にたちたいと」
日向 「大体この件は、僕が目論んだことで、お前はそのプランを遂行するピースに過ぎない。
 自分に責任があるんなんて、思いあがるな。
 こんなことは想定内で、僕には打つ手などいくらでもある」
千尋 「あの、藤川事務次官に会いに行ったことを怒ってるんですか」
日向 「これが怒ってるように見えるか。」
千尋 「はい」
日向 「お前に嘘をつかせたのは僕だと言ってるんだ。」
千尋 「はっ?」
日向 「最終面接も棒に振らせたし、嫌な思いもさせた。」
千尋 「えっ、もしかして、あっ、誤りにきたとか…?」
日向 「まあ……あの時、最終的に総務省に来る方を選んだのはお前だからな。
 …やっぱりお前が悪い」
   立ち去ろうとする日向
千尋 「えっ、わざわざそんなことを言いに来たんですか?」
日向 「忘れ物だ」
千尋 「いや私何も忘れていません」
日向 「いいから見ろ」
千尋 「取っといてくれたんですか?」
日向 「大事なら、なぜ取りにこない」
千尋 「だって、こないだ捨てたっていうから」
日向

「人の言うことを鵜呑みにするな。総務省には諦めずに行ったんだろう。
 具体的なつぐないをするわけでなく、ただ行って誤るという実に安易な方法で押し切る

 という図太さは呆れるが、結果お前はあの女を動かした。
 やれば出来るのに、お前は惜しいところで一歩足りてない。
 あと少し、あと少し考えろ。そうすれば……お前は…悪くない」


小栗旬と石原さとみの あっぱれな掛け合いでした。

f:id:garadanikki:20160715110613j:plain

f:id:garadanikki:20160715110615j:plain f:id:garadanikki:20160715110614j:plain

千尋に対して〔そこは誤るとこだろう〕という時でさえ、素直に言葉や表情に表わせない日向徹。
そんな不器用な様子を、小栗旬が見事に演じています。

 

【兄と弟のように…】
やんちゃ坊主のような日向ですが、朝比奈のいうことはよく聞いている。

f:id:garadanikki:20160715110601j:plain

千尋が総務省に謝罪に日参していることを、朝比奈から聞いた時も、、、
「努力と根性しか能がない人間は、そうするしかない」と、そっけない態度を取る日向に、
「最終面接の重みは、お前にはわからないか…」と静かにいう朝比奈。

この時日向はパソコンで、新たなシステムを構築中だった様子、
でも聞き逃していなかった。

f:id:garadanikki:20160715110609j:plain

だって鬼の形相のシーンに
「最終面接の重みがわかっていながら、何故そっちに行かない」と、
ちゃんと朝比奈に言われたことを話していますから。

やんちゃ坊主、傍若無人に振舞う日向ですが、朝比奈を信頼して、慕っているのが分ります。
まるで兄貴のように。
朝比奈もそれをちゃんとわかっていて、可愛くて仕方がない様子。
そんな人間関係の機微がさりげなく台詞やふとした表情を通してキチンと描かれているところが、
素晴らしいドラマだと思う所以です。