garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

鳥取 VOL.2 谷川天狗堂

旅の目的に〔呑んで喰らう〕以外に捉えたことのない私達夫婦と違い、TAMIりんはキチンとしたビジョンを持っていました。

「一生に一度は訪ねてみたいと思ってた所があるんですけれど」

彼女はそう言うと、テレビで見て感動したという “ 三徳山 投入堂 ” の話をしてくれました。

尾根歩きが大好きな私に依存はありません。むしろ超どストライクゾーン。

ところが山登りと違うらしい。

トレッキングでもなく、もちろんピクニックでも徘徊でもない。修行なんですと。

その意味がわかったのは、境内の朱門をくぐった時でした。

 

現場の地図

f:id:garadanikki:20160718195059j:plain

【地図】Google マップより

 

≪ 谷川天狗堂 ≫

f:id:garadanikki:20160718195101j:plain「まずは腹ごしらえ」と、
MINAMI母さんが、連れてって下さったのが『谷川天狗堂』です。

谷川天狗堂 ( たにがわてんぐどう )
〒 : 鳥取県東伯郡三朝町三徳998
TEL : 0858-43-2663


座敷のテレビで「国宝・投入堂」のDVDが再生されてました。
鴨居には、訪れた有名人のサインや写真が沢山飾ってあり、天狗のお面もありました。

 

f:id:garadanikki:20160718195100j:plain

谷川天狗堂の店先 ここで前払いの注文をして、座敷で料理を待ちます


全員、当店オススメの品(とちもち入り)山菜うどん・名物 三徳豆腐のセットを注文。

とちもちは、栃の実ともち米で作ったお餅だそうで、普通の餅よりも茶色がかっていて独特の風味があります。

食べるのは初めて。うま~い!!

ここで「投入堂まで行く人」「行かない人」の2派にグループ分けです。

結局、行くことになったのは、TAMIりんとHOKUTO兄さんと私の3人。

往復で1~2時間はかかるらしいんですが、行かない人は川原で時間をつぶしてもらうことになりました。

f:id:garadanikki:20160718182717j:plain

名物 三徳豆腐

かための食感の豆腐を、わさび醤油でいただきます。

 

f:id:garadanikki:20160718182718j:plain

うどん

お出汁のきいた薄味のつゆが美味

 

f:id:garadanikki:20160718182719j:plain

とちもち

苦味があると聞いていたのですが、まろやかな味でした。