読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

お尻の感触

f:id:garadanikki:20160922004736j:plain先日 Darling&MAMA のお宅におじゃました時、

MOURI は、大きなワンちゃんBlanc から熱烈な歓迎を受けました。

でもうちのMOURIは大の怖がり屋なんです。

Blanc は MOURI を追いかけまわしてお尻をツンツンつついたり、MOURIの足元にくっついて寝たりしてました。

 

Blanc にしてみると、自分に興味を持ってくれない人がいるなんて信じられない。

MOURI が、自分と目を合わせないのが納得いかないんでしょう。

 

 

いくら他の人が「Blanc 可愛いね」「Blanc こっちで遊ぼう」と声をかけても駄目です。

MOURI にロックオンしてました。

「ねえ MOURI。頭をひと撫でして『可愛いね』って言ってあげれば、気がすむから」

そう言っても、

「そんなことが出来るようならねえ~」と、声がうわずってました。

 

それから数日後。

MOURI が「そういえば Blanc に俺、お尻つつかれたな」と突然言い出しました。

もし私が、“ 大っ嫌いな蝉が肩に乗った ” なんて経験をしたら、決して記憶から抹消するでしょう。

それを自分から「お尻つつかれたよな」なんて思い出すなんて、まんざらでもない体験だったのかしら。

MAMA にその話をしたら、

「あと一歩よ。動物飼っちゃいな。絶対 MOURI 好きになるから」なんて言いそうだわ。

そんなショック療法みたいなことは、決してしないから。

安心してちょうだいね、 MOURI。