garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

元旦の食卓

暮から元旦の朝にかけて、ねじり鉢巻きでお節っぽいものを作っていたMarcoでした。

お節っぽいものとは、好きなものだけ作ったということで、全部揃わなかったのです。

 

元旦は、昨年同様、マダムの旦那様 にお越しいただき3人で盛り上がりました。

母も呼んだんですが「今年の正月は一人でゴロゴロしていようかしら」とキャンセルとのこと。

1人でって、ちょっと心配だったんですけれど、本人が乗り気ではないので仕方ない。

暮れに会いに行ったのでまあよしとして、暖かくなったら来てもらうことにしました。

 

で。

正午からスタートの飲み会ですが、

準備が整う間もなく、11時30分に駅から「着いちゃった」という電話が入り、

お重を出す時間がなくて、普段の器に急ぎ盛りましたの。

f:id:garadanikki:20180102121859j:plain

なんか、さびしーーー。

 

お煮しめも手をつけてからパチリ。

f:id:garadanikki:20180102121901j:plain

地味だけれど、一品一品、別に煮つけたので味が違うのですん。

ゴボウ、京にんじん、やつがしら、にんじん、椎茸、玉子、海老芋

 

チャーシューは手作り、玉子はチャーシューのつけ汁に漬けてあったもの⤵

f:id:garadanikki:20180102121902j:plain

今回、黒豆を作る時間がなくて購入。

 

酢れんこん、サーモンの芽葱巻、蓮根と鶏肉のつくね

f:id:garadanikki:20180103155350j:plain

酢蓮根がシャキシャキ美味しくできました。

だけんども食べたのは私だけ。お客様もMOURI も硬い蓮根が苦手なようで <(_ _)>

つくねは大成功。味もなかなかいい感じで高評価でした。

 

 

本日のお酒 ( 1本目 ) 

f:id:garadanikki:20180102121904j:plain

「来福」というお酒です。

超精米とありますが、な な なんと、お米の90%を削って10%しか使わないお酒なんですって。

 

瓶についていたもの⤵

f:id:garadanikki:20180102121906j:plain

お米つぶを削って削って、この位まで削ったもので作ったお酒。

うーーーんと高いそうです。

縁あって酒蔵からの賜り品。自分たちでは買えません。

雑味がなくて、酒品があって、まろやかで、雅な味、本当にほんとーに美味しかったです。

元旦が「来福」なんておめでたい酒でスタート出来て、幸せものだ。

 

お節が冷めたものばかりなので、茶わん蒸し作りました。

f:id:garadanikki:20180102121908j:plain

なんで、作り立てを撮らなかったんだろう・・・・しくしく

今まで作った茶わん蒸しの中で一番よく出来たのにー

 

残念なことばかりなのです。

この後にお出しした、有頭海老の塩焼きも、タラバガニも、写真を撮らずじまい。

お節なんて後からでも撮れるのに、上の二品を失写したのが悔やまれる。

そんなやつですあたしは。

 

お昼の11時半から始まった酒席は21時まで続きました。

3人でビール1本、日本酒3本に手をつけました。

10時間近く飲んでしまって、最後のデザートはヨロイヅカさんとこのケーキ。

f:id:garadanikki:20180102121910j:plain

これがまた、大人のケーキだ。

ウマい。

 

昨年、マダムを亡くされた旦那様 ( 恒吉さん ) のリクエストはお雑煮が食べたいとのことでして、

そういえば去年のお正月にも用意をしていたのにお出ししそびれていました。

1人暮しになった男性は、お雑煮は食べられないですものね、

今年はちゃんと食べていただきました。

「Marちゃんが、こんなに料理がウマイなんで驚いたよ」

かれこれ40年のお付き合いの恒吉さんにそう言っていただけてはにかむ。

だって、恒吉さんの奥様、亡くなったマダムはそれはそれはお料理上手だったんだもの。

マダムの作る料理には一生かかっても追いつきませんが、

「美味しい」と言っていただけとホントに励みになりました。

恒吉さん良いお正月を過ごさせていただいてありがとうございました。