garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

都城しいたけ

 

原木干し椎茸 1kg届きました。

我が家のどんこの消費量が尋常ではないので、見かねてMOURIが注文してくれました。

f:id:garadanikki:20150208190157j:plain
凄い量、ど迫力!

友人がアメリカに住んでいた時に遊びに行ったことがあって、

その時作ってくれた特製お出汁を飲んでから、味噌汁の概念が変わっちゃったんです。

それからずっと、おそわったお出汁 作り続けてます。

 

ボトル1本、冷蔵庫に作り置きしておけば 2~3日は持ちます。

味噌汁や煮物以外にも、ちょっとした料理の水替わり使うので、すぐに無くなります。

2日に1度は作るので、スーパーの7~800円もするどんこを買ってたら、経済的にもちません。

 

彼女特製お出汁を、我流にしました。

現在の作り方は、こんな感じ。

 

1.水道水を沸騰させて御白湯を作る。
2.完全に冷たくなった御白湯に、どんこ(3個)と昆布(1枚)を入れて冷蔵庫で一晩かけて戻す。
3.翌日、鍋に2を入れ沸騰したら火を弱め、ヤマキのだし専門削り節を一掴み入れて中火で10分程煮立てる。
4.シノワで削り節をこし取った出汁に、シマヤの焼きあごだし(顆粒)をひとつまみ入れる。
 

f:id:garadanikki:20150114111041j:plain

 
【ひとつまみ と ひとつかみ】

《 ひとつまみ 》という言葉を聞くと、笑いが止まらない話があります。


件の友人が、あまり料理が得意でない人に、recipeを書いてあげた時の話。

後日「うまく出来た?」と聞いたら、「なんかしょっぱくて食べられませんでした」と言われたそうな。

どうしてかしらと手順を確認したら、塩を 《 ひとつまみ 》入れるところ 《 ひとつかみ 》 入れてたんだって。

相撲とってんじゃないって話。

f:id:garadanikki:20150208190159j:plain

f:id:garadanikki:20150208190201j:plain

ヤマキのだし専用削り節と、シマヤの焼きあごだし 麦茶を冷やすのに丁度いいくらいのデカボトル