garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

草津&上田 珍道中 1

ゴールデンウィークの中、三連休を使って、

MOURI の実家の墓参りと、私の実家の見舞に行くことにしました。

といっても混むだろうなぁ。。。

 

3日午前7時出発

都内はスムーズに流れています。

しか~し、予想はしたものの関越自動車道に乗った途端、車は動きません。

渋滞予想のピークは9時台 ( 45km ) とのことで、解消するのは午後3時を過ぎてとのこと。

ところが予想より早い段階から渋滞したようで、

最初のPA 三芳に入る車の列は、路肩に数珠繋ぎ。

次のPAまでかなりあるので「トイレに行っておかないと」といったことなんでしょうが、

PAに入るだけでも1時間は動かないだろうという感じ。

本線の進み具合も牛歩の始末。

 

今まで一番の混みようかもしれない

出がけにトイレを済ませてきたものの、あのPAに入れない車の列を見ただけでも

お尻がモゾモゾする。

 

やだな~

f:id:garadanikki:20160505152811j:plain

マミーさんから「きっと旅先でおいしいものをたくさん召し上がってるんだろうなあ」

というコメントを頂戴いたしましたが、のっけからコレです。

 

いえね、

マクドナルドが≪美味しくない≫ということではないのよ。

でもこれにはワケが。。。

 

あまりにも進まぬ車の渋滞で、この分だと次のPAに入るだけでも2~3時間かかるだろうと思い、

川越で降りました。

とりあえず、インターの最寄りのマクドナルドに飛び込んで朝食とることに。

f:id:garadanikki:20160505152813j:plain  f:id:garadanikki:20160505152812j:plain

この絵、可愛くないですか?

マクドナルドの化粧室のイラストです。

 

こんな感じだもの、何時にたどり着けるのかしら。

予定では、午後草津に到着したらMOURI のお父さん、お母さんのお墓参りをして、

草津から上田に移動。⇐これが空いてて気持ちの良い山道

夕方上田のスーパーで買出しをして、ご飯を作り、義父・母・MOURI と4人で会食。

 

病気の義父も母も、外食じゃ食べられるものもなく、柔らかい滋養のあるものを自前で調理するしかないからです。

若い頃は料理など大嫌いだった私が、まさか親のためにご飯を作るようになるとはねぇ。

MOURI のお母さんも私の母も、料理好きで得意だったのに、晩年は億劫になったようで、

私が作る料理を楽しむようになるとは。。。

「不思議だね」とMOURI と話ながら先を急ぎます。

 

f:id:garadanikki:20160505152814j:plain

ここはどこ?

 

入間街道を北上中。

f:id:garadanikki:20160505152815j:plain

ここは川越のメインストリート。

f:id:garadanikki:20160505152816j:plain

小江戸と呼ばれた観光スポットですが、どうして今ここを通っているのか不思議でならない。

とはいえ、渋滞のお蔭で、思いもよらぬ風景を見ることが出来るのが面白い。

でもね。運転も撮影も私なので、あまり写真は撮れないのです。

f:id:garadanikki:20160505152817j:plain

面白そうな小屋があっても、こんな風にしか撮れない。

f:id:garadanikki:20160505152818j:plain

嬉しいのは、道が空いていること。

こういうのならストレスはないものね。

 

何故か気になる雑草

f:id:garadanikki:20160505152819j:plain

 

たどったルートはこんな感じ

f:id:garadanikki:20160505152830j:plain

川越から花園までの (渋滞52kmとのこと ) を避けて、国道254を走りました。

 

花園からもう一度関越に乗りなおし、何とか進むも、

渋川伊香保インター ( 草津の最寄り) に着いたのは、すでに2時を回ってます。

信じられなーい。もう7時間も運転していたワケだ。

 

これからお墓参りをして、そして群馬から長野の県境の山を越す。

長い道のりになりそうなので、腹ごなし。

三国街道の鯉沢から、国道353に入る道に料理屋を見つけました。

この辺の名産というと豚肉。だからトンカツ屋さんと焼肉屋さんくらいしかないんです。

あとは蕎麦屋さん。

 

f:id:garadanikki:20160505152831j:plain

でね。こっちから見ると「桑野屋」さん。

桑野屋の後にもう一つ看板が隠れていますが、右から見ると「うぶかた」さん。

f:id:garadanikki:20160505152826j:plain

さてどっちにしよう。

桑野屋は、創業大正四年の蕎麦屋さんで、三代目・四代目が蕎麦を手打ちの蕎麦を打っているらしい。

一方隣接する生方は、新設のお食事処。

駐車場が空いた方に入ろうということで生方に入店することに。。。

f:id:garadanikki:20160505152827j:plain

入口を入ると左が椅子席エリア、右が座敷になっているようです。

f:id:garadanikki:20160505152825j:plain

清潔なお店ですね。

f:id:garadanikki:20160505152824j:plain

囲炉裏がきってある。

f:id:garadanikki:20160505152820j:plain

さて、なんにしよう。

お客さんは、やはりとんかつ定食を注文する人が多いみたい。

してワタクシは、どーん。

f:id:garadanikki:20160505152821j:plain

スタミナ丼

 

「食べるねぇ」と呆れられましたが、なんか気になったんだもの。

ガッツリいきますよガッツリと。

f:id:garadanikki:20160505152823j:plain

ご飯に千切りのキャベツが敷いてあって、厚めの豚の生姜焼き ( 薄味 ) がドカドカ乗っていて、特製のマヨネーズがかかってます。

オーロラソースに似た薄味手製のマヨネーズと、生姜焼きの相性は最高。

何と言っても、この地名産の豚肉の柔らかさが光る一品でした。

f:id:garadanikki:20160505152822j:plain

セットでついてきたお蕎麦 ( 小 )

これも、なかなかです。

手打ちの蕎麦も、おつゆも、ザカザカ色々乗せてあるトッピングも家庭っぽくて面白い。

 

MOURI は珍しく山菜うどんを外してました。

山菜とつゆの塩気がダブルで、しょっぱかったんですって。

可哀想に。。。だからお蕎麦、あげました。

 

さて。スタミナもつけたところで、草津に向けて出発。

f:id:garadanikki:20160505152828j:plain

なんとなく、こんな感じで続きそうです_(._.)_ ⇒

桑野屋
〒: 群馬県渋川市吹屋82
TEL: 0279-23-6782
定休日: 月曜日(祭日の場合は翌日)
営業時間:昼 11:00~14:30
夜 17:30~20:00(Lo) (又は売り切れ閉店)
生方
〒:群馬県渋川市吹屋81-1
TEL:0279-22-0197
定休日:不定休
営業時間:11:00~15:30
17:00~20:00