読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

浅香航大 っていうらしい…。

※ 当Blogの画像はクリックすると大きくなります。

 

何回も見ても飽きないドラマがありまして、

「ビブリア古書堂~」と「最後から二番目の恋」というんですが、どちらも鎌倉が舞台でして。。

鎌倉になかなか行けなかったりすると、発作のように見たくなるんです。

 

鎌倉のロケ地で一番好きなのは、 妙本寺の参道 かな。

ビブリア古書堂の事件手帖」第2話では、

女子高生の小菅奈緒 ( 水野絵梨奈 ) が、妙本寺の参道を、走る 走る 走る。

慌てて走った理由が、第二話の事件のネタあかしになっちゃうから、このくらいにしておこう。

 

バス停にいる男子高校生 

f:id:garadanikki:20141217152027j:plain

その子はハンパなく嫌~な感じで。。

f:id:garadanikki:20141217152029j:plain

個人情報もへったくれもなく、同級生を裏切って。。。

        あっ、でもこの子の指、綺麗。

f:id:garadanikki:20141217152034j:plain

それにしても妙本寺ってジャングルみたい。

f:id:garadanikki:20141217152035j:plain

このふて腐れたような顔、なかなか上手いじゃないの。

f:id:garadanikki:20141217152319j:plain

超ヒールな役どころなんだけど、口元を歪めたやらしい顔が忘れられなくて、

「なんて役者さんなんだろう」と気になった。

 

1年半経って。。

朝起きたら、出てました朝ドラに。。。 

f:id:garadanikki:20141217152423j:plain

主人公のマッサンとエリー夫婦の家に、預けられる青年の役。

 

青年 ( 鴨居英一郎 ) の父・欣次郎は、飛ぶ鳥落とす勢いの実業家。

         ※ 鴨居欣次郎のモデルは、 サントリーの創設者-鳥井信治郎です

英一郎は、病気がちの母を顧みなかった父との間に確執があり、ずっと心を閉ざしてきた。

マッサンとエリーと知り合って、英一郎の心がほぐれていくっていう話らしい。

 

…と、ここまで高校生だとか、青年だとかいってきたけれど、

浅香航大さん、ちょっと目が離せない素敵な役者です。

f:id:garadanikki:20141217152424j:plain

右の口角をちょっと上げる癖が付いちゃってるので、気をつけないと…。
アハハ、大きなお世話か。