garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

藤寿司を作ろう

 

子供の頃、ひなまつりやお誕生会などに母が作ってくれたメニューに、藤寿司というのがありました。

あったあった当時の写真。弟の誕生日だけど、ピンが甘いね。


f:id:garadanikki:20150305134345j:plain

  ↑ ここに写っているのが、藤寿司。

友だちに聞いても、そんな料理知らないと言われたので、どうやら母の創作のようです。

なんだ、ワタシの創作癖は母ゆずりだったか。。。

 

これじゃ、よくわかんないし。

どんなだったか、懐かしくなったし~。。。

 

じゃ。作る。

f:id:garadanikki:20150305111810j:plain

白飯 1合くらいしかないから、赤紫蘇のふりかけと卵のでいいか。

 

まず、ほんのり甘い卵焼きを作ります。

f:id:garadanikki:20150305111811j:plain f:id:garadanikki:20150305111812j:plain

卵焼きを作る時は、菜箸を底につけて左右に切るようにするといいんですって。

あさイチの解決ゴハンに出演されている斉藤辰夫さん がおっしゃってました。

ケーキ作る時みたいに、空気を入れて細かくかき回すと、卵のコシを切ってしまい、ふっくら焼きあがらない。

こ~んな風に丸くかき回したり、空中に持ち上げるようにしたらNG

f:id:garadanikki:20150305111817j:plain f:id:garadanikki:20150305111817j:plain f:id:garadanikki:20150305111816j:plain

 

卵はカチカチになる前に火を止める

f:id:garadanikki:20150305111818j:plain f:id:garadanikki:20150305111819j:plain f:id:garadanikki:20150305111820j:plain

 

ご飯にまぶした時に、均等に混ぜたいよね、じゃ、切ろう。

f:id:garadanikki:20150305111821j:plain f:id:garadanikki:20150305111822j:plain

 

同じ分量にするには、ゆかりの方のごはんを多くしないとね。

だって卵の分量もあるから。

f:id:garadanikki:20150305111823j:plain

 

と。ここからは初体験。

小さかったから、母が作るのを見てなかったし~

ただ、出来上がったものだけを見て、わいなわいな はしゃいでただけだし~

 

のり巻きは、こ~んな感じの涙型にする。

f:id:garadanikki:20150305111824j:plain f:id:garadanikki:20150305111825j:plain

 

それを切って、重ねてまた切ってと。。。

f:id:garadanikki:20150305111829j:plain f:id:garadanikki:20150305111826j:plain

 

半分ずつにしてもいいかも。。。

f:id:garadanikki:20150305111827j:plain

 

海苔が長過ぎたか。。。

1㎝位のりしろ分を残して、切ってください。

f:id:garadanikki:20150305111828j:plain

海苔ののりしろ部分を重ねて、ちょっとくねくね。

あ~ら、藤寿司の出来上がり。

f:id:garadanikki:20150305111832j:plain

藤の花のしだれた感じから、母は「藤寿司」と言ってたんだと思います。

子供の頃は、ピンクは桜でんぶだったけど、少し大きくなるとゆかりに変りました。

桜でんぶだけで作ったら、枝垂桜になるかもね。

f:id:garadanikki:20150305111831j:plain

昼ごはん、美味しくいただきました。ごちそうさん。