garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

永井さんと鍵屋

永井龍男さんが鍵屋で飲んでいる写真がありました。 

f:id:garadanikki:20171206165936j:plain

写真の鍵屋は道路拡張前の古い鍵屋です。

 ( 今の「鍵屋」は言問通りを一本入ったところにあります ) 

勿論写真の鍵屋さんでも、現在の鍵屋さんでも飲んだことはないのですが、

昔のお店には入ったことはあるんです。

江戸東京たてもの園で。

f:id:garadanikki:20151107170034j:plain

f:id:garadanikki:20151107170031j:plain

f:id:garadanikki:20171206165851j:plain

同じアングルがないのが残念ですが、

永井さん ( 左 ) が座っていらっしゃるのが、

丁度下の写真のオジサマがいるあたり。

f:id:garadanikki:20151107170030j:plain
件の写真は、奥の座敷 ( 下の写真 ) の方から撮ったのではないでしょうか。

f:id:garadanikki:20151107170035j:plain

根岸の ( 旧 )鍵屋は、文化人も多く訪れていた居酒屋で、

小説家内田百閒、ドイツ文学者高橋義孝さんも常連さんだったそうな。

「件」を初めとした内田百閒さんの本も、高橋義孝さんの翻訳したトーマスマンの「トニオクレーゲル」も、江戸東京たてもの園に訪れる数日前に読了したばかりだったので、不思議な因縁を覚え、感慨深く思っていました。

 

そんな鍵屋にもうおひとり、永井龍男さんもいらしていたなんて。

 

たてもの園に再来して、永井さんが写っているアングルの写真を撮ってきたい。

そして。根岸にあるという名居酒屋「鍵屋」さんにもお邪魔をしたくなりました。

 

 

はてなブログで rikueri (id:rikueri) さんが、鍵屋の記事を書かれていらっしゃいました。

とても素敵な記事だったので、リンクを張らせていただきました。

rikueriさんのお話を読んで、鍵屋さんへの想いがますます募りました。