garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

登別の思い出

木彫りの熊で思い出した話。

今から30年も昔、MOURI と北海道旅行をした時のことです。

札幌でレンタカーを借りての3泊4日の旅だったけど、出たとこ勝負で行く場所も、

その日の泊る宿さえ決めない旅だった。

 

最初の日は登別だったんだけど、飛び込んだその旅館は、今でも語り草のファンキーな宿でした。

 

お部屋の様子

通された部屋は6畳くらいかな。

腰高の窓の障子を開けると、いきなり路地裏の道しか見えないロケーション。

 

お風呂の様子

当店自慢のジャングル風呂っていうらしいんだけど・・こ・こ・混浴。

f:id:garadanikki:20150121131431j:plain

こ~んなお風呂の真中に、申し訳程度のプランターの仕切りがあるだけ大浴場で。

ほら、よく喫茶店の仕切りにあるでしょう?

こ~んな感じの。。。

f:id:garadanikki:20150121131428j:plain

どんなに観葉植物乗っけたって、せいぜい胸くらいの高さしかなくて。

それも「ケチるなよ」という位、プランターの数が足りないから。。

プランターとプランターの隙間が50㎝位ずつ開いている。。。

 

これじゃ、男湯から丸見え。

とにかく腰をかがめて急ぎ足で湯船に入るしかない。

 

MOURI に聞いたら、「おっ混浴❤  あっ女の人が❤ っと思ったら君だった」との由。

 

食事の様子

部屋食は嬉しいけど、今では珍しいような脚付きお膳が運ばれてきて。。

こ~んな感じで。。かなり貧相。

f:id:garadanikki:20150121131430j:plain f:id:garadanikki:20150121131429j:plain

しかもこれ、凄く食べにくくて、

前屈して食べるご飯って、こんなに美味しく感じないのかと、不思議でした。

 

目覚まし?

朝、枕元の壁から「トンカントンカン」という音で目覚めました。

そんじょそこらでは目が覚めないくらいのワタシでも、寝ていられないような音で。。

なんだろうと障子を開けたら、旅館の軒下に木彫り職人さんが並んでて、、、

トンカントンカン、木にノミを当てて熊を彫ってる音でした。

 

f:id:garadanikki:20150121151908j:plain

「あ~ 登別の木彫りの熊は、ハンドメイドなのねぇ」って、どんだけ~