garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

大切な人

朝、起きたら目が重い。

昨日から泣き過ぎたせいだ。

 

「ようこがまるちゃんに会いたがっているんだ」という突然の電話でかけつけた先には、

ベッドに横たわり私の方に手を差し伸べるマダムがいた。

昨年末、胃がんがみつかり大腸に転移、もう手術もかなわず、自宅療養をしていたのだという。

マダムがそんなことになっているとは、ちっとも知らなかった。

 

「皆さんにはお知らせしないできたんだ。

 でも、日曜から食べ物が喉を通らなくなってね。

 今日になったら『まるちゃんに会いたい』と言い出したんだ。」 旦那様が言う。

f:id:garadanikki:20160518103733j:plain

マダムの手を握りながら、しばらくお話をする。

「そのピンクのカーディガン、とてもお似合いだわ」というと、

「まるちゃんと私のラッキーカラーだものね」と同時に思い出したのは、

吉祥寺で買った紙のランプシェードのことだった。

 

店頭に飾ってあったサーモンピンクの渋い色のランプシェードを見て2人して気に入って、

購入したものの、家に帰って包みを開けると、似ても似つかないショッキングピンクのシェードだった。

なるほど店頭のは色が褪せて丁度良い色になっていたんだね、と2人で大笑いしたんだっけ。

f:id:garadanikki:20160518105124j:plain

マダムは枕元の少し薄いピンクのタオルを指さして「こんな色だったのよね」と小さな声で囁く。

咳が切れずゼイゼイとラ音が交じる声だから、

旦那様は聞き取れなくて何度も聞き返してしまうのだそうだ。

「僕も耳が遠いもんだからさ、

 そうするとね『察しが悪いんだから』と、この はげ頭をピチャっと叩くんだ」

マダムらしいお茶目な仕草が目に浮かぶ。

 

苦しそうマダムは、ゆっくり息を整えると言った。

「まるちゃんは、妹みたいなの」

もう、涙が止まらない。

私の方こそ。

マダムは、辛い時も楽しい時も、いつも私の話を静かに聞いてくれた姉のような存在だったから。

 f:id:garadanikki:20150409130733j:plain

そろそろおいとまをする時間ね、と立ち上がると、手をヒラヒラ振ってくれる。

 

「また来てもいいですか?」

「もちろんよ」

 

帰りの車でも、家でも、涙が止まらなかった。

同行してくれたMOURI も私も疲労困憊。

ヘトヘトになったのは多分、マダムに持てる限りのエネルギーを差し上げてきたからだと思う。

 

今日は、あとすこし休んだら、神社に参拝に行こう。