garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

ふたりで行く鎌倉

f:id:garadanikki:20160731235522j:plain友だちのAney を誘って、初めての鎌倉散歩です。

本当はもうひとり行くはずだったんだけれど、都合が悪くなり二人ででかることになりました。

新宿南口10時に待ち合わせ。

「冷房が効いてるところ」ということでセレクトした店は、10時開店だった。
意味ないじゃん(笑)


f:id:garadanikki:20160731235526j:plain f:id:garadanikki:20160731235523j:plain

腹ごしらえ。

『BITTER SWEET』は、テーブルが広くゆったりしていて、とても落ち着いた雰囲気のお店でした。

“ かなり混む ” と聞いていたので、口あけの時間をねらって入店。

f:id:garadanikki:20160731235524j:plain f:id:garadanikki:20160731235525j:plain

左は『15種の野菜のドリア』 右は『海の幸のドリア』

具材が “ これでもか ” っていうほど入っていて、うまみ溢れる美味しさでした。

 

BITTER SWEET
〒:鎌倉市由比ガ浜1-3-16
TEL:0467-22-1988
営業時間:11:30~21:00

 

f:id:garadanikki:20160731235527j:plain

店を出て、六人のお地蔵さんを拝んだら、極楽寺の方に歩きます。

まっすぐ極楽寺に向う予定でしたが、いきなりの道草。

「鎌倉文学館だって」

「3分って書いてあるよ」

「行ってみよう!」

f:id:garadanikki:20160731235528j:plain f:id:garadanikki:20160731235530j:plain

『鎌倉文学館』は、前田公爵家の鎌倉別邸でした。

よく見ると、窓の形が全部違います。

 

部屋からは、海が一望できます。館内は冷房が効いていて、一番奥の談話室には自販機もあって、ここだけは飲み物OK。ゆっくり座れるので、読書なんかしたら気持ちがいいだろうな。

f:id:garadanikki:20160731235531j:plain f:id:garadanikki:20160731235532j:plain

6月と11月にはバラ園が見事だそうです。

建物内は撮影禁止だけど、庭は、かなり自由度が高く、お弁当を食べてもいいそうです。

 

鎌倉文学館
〒:鎌倉市長谷1-5-3
TEL:0467-23-3911
開館時間:9:00~16:30(3月~9月は~17:00)

 

f:id:garadanikki:20160731235534j:plain『最後から2番目の恋』ゆかりの地を見て歩き、

成就院に着きました。

紫陽花は来年に備え、

綺麗に刈り揃えられていました。


ここからの眺め、最高に好き。

 


極楽寺をお参りしたら、プチ山登りです。

水分・塩分補給をしたら、いざ出発。

月影地蔵様から墓地を抜け、
鎌倉山へと向います。
獣道をちょっと均した程度の山道ですが、女優の田中絹代さんも(自宅のあった)鎌倉山に帰る時、通ったと言われています。

尾根の一番高い所で、お饅頭をパクリ。
ごうごうごう
久しぶりに “ 風の音 ” というのを、
耳にしました。

f:id:garadanikki:20160731235540j:plain

(2012年02月28日撮影 鎌倉山から七里ガ浜を望む)

 

f:id:garadanikki:20160731235539j:plain鎌倉山からバスで鎌倉駅に戻るつもりで、バス停にいた二人だけれど、どちらからともなく「歩く?」という言葉が。お互いまだ、歩き足りないようです。
「それじゃあ」という感じで、鎌倉山からブラブラ笛田の坂を下り、大仏の切通しを歩いてみることに。

結構短い山道ですが、荒くれた感じて面白い。

 

県道32号線と並行している切通しは、うっそうとした木々に囲まれて、道路自体は見えないのに、車の走る音だけは聞こえてくる。そうかと思えば、岩盤ではさまれた狭い場所では、車の音どころか一緒に歩いている人の声さえ、岩に吸収されて聞こえないような森閑とした森。

切通しは、大仏トンネルの上で、
1)銭洗い弁天に向うハイキングコース
2)大仏に向う一般道
3)極楽寺にぬける階段
の3つに分岐する。本当は極楽寺(3)に抜けたかったのだけれど、前回(今年2月)と違って、雑草で階段が覆われてしまっていたので断念。

階段のところで、愛犬をウチワで仰ぎながら散歩させているご婦人にお会いした。

「こんにちは。長谷排水場の方の道は、雑草すごくて行かれないみたいですね。」
「水道局が、近々来るって言ってたから、そうしたら除草すると思うのよね。
 えっ、いつくるかって? そのウチ、そのウチ」と大らかに笑われた。

 

f:id:garadanikki:20160731235536j:plain f:id:garadanikki:20160731235537j:plain

結局二人は、鎌倉に着いてから、バスにも江ノ電にも乗らず、歩き回ってしまった。
大仏から長谷駅を踏み切りを渡り、海岸通り(国道134号線)まで歩いて、『麻心』で、ようやくお茶。
麻心では、海を見たり、人見知りのお店の愛犬(沖縄犬)との交流をはかったり、小一時間まったりした時間を過ごしました。

f:id:garadanikki:20160731235538j:plain

江の島『とびっちょ』で、しらす丼を堪能して、反省会。小田急線にゆられ、帰途につきました。