garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

澁澤榮一傳 幸田露伴著

敬愛する幸田露伴先生が、渋澤栄一さんのことを書かれていたので読み始めました。

f:id:garadanikki:20160703104542j:plain

例により古本。昭和14年発行。書込み多々あり(笑)

f:id:garadanikki:20160703104545j:plain

 

渋沢栄一といえば、

飛鳥山に行っ青淵文庫、晩香爐、渋沢史料館を見学してきました。

史料館の入口には渋沢さんに等身大 ( ? ) の写真もあったりして、、、

f:id:garadanikki:20160720145246j:plain

f:id:garadanikki:20160720145247j:plain

この写真が等身大だとすると、

ほんとに小さい方だったんですね。

いやビックリするほど小柄なんですもの、

このパネルを見ると。。。

 

私の中ではこの写真のイメージが強い

f:id:garadanikki:20160720145443j:plain

昭和初期までご存命だったから写真も沢山残っていて、凄く身近に感じていました。

ところが、江戸時代末期の武士 ( 出自は豪農 ) だったというから驚いた。

生れたのも伊藤博文の誕生より一年前。

徳川慶喜や、大久保利通などとも同時代の人。

大久保 ( 明治11年47没 ) や伊藤博文 ( 明治42年68歳没 ) は暗殺されてしまったけれど、渋沢さんは91歳 ( 昭和6年 ) までご存命だったから、余計沢山の人と関わってきたことになる。

 

NHKの朝のドラマ「あさが来た」でも、主人公-広岡浅子の相談役として登場してきましたね。

f:id:garadanikki:20160719115634j:plain

長く経済界を牽引してきた方だから、沢山の人に影響を与えている。

大正・昭和の財界人を紐解けば、必ず渋沢さんが絡んでくるもの。

明治といえば100年ばかり前、ひいおじいさんたちの時代ですから、当たり前といえば当たり前か。

私の生活の中で、歩けば出てくる「太田道灌」、読めば出てくる「渋沢栄一」なのです。

 

ところで。 

渋沢栄一の従兄 ( 尾高惇忠 ) は、富岡製糸場の初代の工場長だったらしいですね。 

8.渋沢栄一翁と尾高惇忠/深谷市ホームページ

楫取素彦(小田村伊之助)と富岡製糸場の関係/世界遺産登録 | 充実lifeハック

 

 

尾高惇忠 (実業家) - Wikipedia

尾高勝五郎
 
 
尾高惇忠
 
尾高次郎
 
 
 
 
尾高豊作
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大川鉄雄
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
やへ
 
 
 
 
 
 
 
文子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
照子
 
 
 
 
 
尾高朝雄
 
久留都茂子
 
 
 
大川平兵衛
 
 
大川修三
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
尾高鮮之助
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大川平三郎
 
 
 
 
 
尾高邦雄
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
みち子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
尾高煌之助
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
和辻哲郎
 
 
 
 
 
京子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
渋沢栄一
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
尾高尚忠
 
 
尾高惇忠
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
渋沢篤二
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
千代
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
節子
 
 
尾高忠明
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
長岡輝子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
渋沢平九郎
 
 
 
 
 
 
倉田陽子
 
倉田澄子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大川義雄
 
大川慶次郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
渋沢敬三
 
 
 
 

 

ダメだ

渋沢翁から、尾高惇忠に脱線してしまいそうだ。

 

 

それにしても、家系図って書くの難しいのね。

渋沢本家

市郎右衛門 ( 安知 )―――妻

          |              渋沢支家   

      市郎右衛門 ( 敬林 )――妻    宗助 ( 宗林 )――――――妻

                       |    |    |   

                      榮―  市郎右衛門  やへ  

 

うーん、家系図も書けない。

んにゃあ、ダメだ。

完全に脱線しまくっている。