garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

向じま 志”満ん草餅

 

あくまで個人的味覚の問題ですが、

東京でも、天ぷら、寿司、すき焼きにおでんなどの和食料理や、イタリアン、フレンチのお店と、洋菓子にかけては西南 ( 青山・渋谷・世田谷・中目黒など ) の方が美味しいと思います。

でも日本の甘味となると、北東エリアの神田・日本橋・浅草・向島の方が美味しく思うのです。

代々続く甘味のお店が、下町に多いからでしょうか。

 

先日、隅田川から発した河津桜散歩では、

長命寺の桜もちを堪能しましたが、次の機会に回した「言問だんご」と「志゛満ん草餅」を食べてみたいと思います。

 

まずは「志゛満ん草餅」から。

f:id:garadanikki:20160314120316j:plain

 

向島の志゛満ん草餅本店さんは、創業以来百十余年「生のよもぎ」だけを使用しているそうです。

お店の場所は、長命寺や言問だんごからさらに北に上った左側、

ちょっと寂しくなったあたりにあります。

 

今回は曳舟駅から歩いたのですが、この辺は道がクネクネしているから結構大変です。

f:id:garadanikki:20160314121307j:plain

方向感覚に自信のない方は、向島百花園をまず目指して、そこから行くのがいいと思います。

向島百花園の方から広い通りに出ると、、見えました「志゛満ん草餅」の旗。

f:id:garadanikki:20160314114639j:plain

f:id:garadanikki:20160314114638j:plain

閉店は5時だといいますが「無くなった時点で閉店」という注釈付。

どきどきしながらお店に入ります。

f:id:garadanikki:20160314114635j:plain

あらら。

ショーケースの札がパタンパタンと倒れてる。

「あの~、もう草餅終りですか?」

「いえ。草餅だけはまだあります」

 

f:id:garadanikki:20160314114636j:plain

良かった。

草餅は本日中とのことなのでそんなに沢山は買えません。

あんいり2個と、あんなし2個いただくことにしました。

経木にくるんでもらって、うわっ楽しみ。

 

お店を出ようと思ったら、どやどやとお客さんが入ってきた。

f:id:garadanikki:20160314114637j:plain

たちまちお店、一杯になりました。

 

ワタシ、結構 招き猫なの。

「お店に入った時はワタシ1人なのに、たちまち一杯になる」ということが、本当に多いのです。

仙台四朗か招き猫、人寄せパンダかまるさんかってか?

f:id:garadanikki:20160314122532j:plain

 

この日は、また向島からキラキラ橘商店街までテクテク歩きましたが、

とりあえず草餅のお話です。

 

f:id:garadanikki:20160314114640j:plain

いいねぇ、こういう包みって。

 

じゃーん

f:id:garadanikki:20160314114641j:plain

既にひとつはMOURI のお口の中。

 

「うめぇ!!」と隣で騒いでます。

どれどれ、私も食べてみる。 ( 飲酒の後なので舌まだしびれてます ) 

「うっっっっま~い!!!!!」

ヨモギの濃厚な味しかしない。不純物ゼロ。

柔らかくて、弾力があって、しっとりしてて、もう最高。

あんなしの方は、透明な蜜ときな粉に付けて食べるんですが、

もうもうもう、最高に美味しいです。

f:id:garadanikki:20160314114642j:plain

 

これなら5~6個食べられそう。

ああ、もっと買ってくるんだった。

  と思うあたりがまた、丁度良い幸せなんでしょうね。

 

志゛満ん草餅

 東京なら、デパートでも販売しているようです。

でも本店にぷらっと行ってみるのが面白いかも。

美味しかった。ごちそうさまでした。

 

向じま 志”満ん草餅
〒:墨田区堤通1-5-9
TEL:03-3611-6831
定休日:毎週水曜日
営業時間:午前9時~午後5時
(但し、商品無くなり次第閉店)