garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

とんとんの居場所

 

ずっと不在の とんとんでしたが、ここ何日かちゃんと日参しています。

今日はいつもと違うところにいます。

 

猫は自分ひとりだけをかまって欲しい為、

他の猫から離れたところに 人間を誘導することがあります。

とんとんにとって、ここが落ち着く場所なのは 私も知っている。

f:id:garadanikki:20210831052002j:plain

 

「ねっ、ここの方がいいでしょ?」

そう言われてもねぇ、とんとん。お姉さんたちにもご飯をあげないといけないし。

f:id:garadanikki:20210831051942j:plain

この場所、とんとんにとって良いようで悪いこともある。

嫌なのは、怖い怖いお母さんと被る場所だってこと。

 

早速、お母さん ( 沙羅 ) も登場。

f:id:garadanikki:20210831051657j:plain

あら? 沙羅ちゃん、今日は穏やかな顔してるねぇ。

やっぱり娘が一ヶ月近くもいなかったのは心配だったのかな。

とんとんを、こんなに優しい眼差しで見ている沙羅は珍しい。

沙羅ちゃん、あんたもやっぱり親なんだ、ね。

 

 

このあと、とんとんは何だか《心ここにあらず》の顔になりました。

しきりに奥の通路を気にします。

「行きたいの? あっちに」と聞いたら、一緒に行こうと誘います。

「あっちは私道だから、人間の私は通れないんだよ」

 

他のお家の、可愛がってくれる誰かさんと約束してるのかも知れません。

今回のことで、とんとんにはとんとんの世界があり、大事な場所が他にもあると実感しました。

 

「行っといで」

そう言うと、「いいの?」という顔になった。

とんとんは私の方を振り向き、振り向き、奥の通路へと去って行きました。

 

 

「明日もここで待ってるからね。

 Sさんも、となかさんも、皆で待ってるから、こっちにもちゃんと来るんだよ」

とんとんに、そう言って送り出すことにしました。

 

 

 

本日の朝ごはん

ひさびさ和朝食

f:id:garadanikki:20210901083155j:plain

いわしの丸干しが好きです。

無性にあの苦い味が恋しくなります。

子どもにはわからんだろうなぁ