garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

カイさんの辛い日

腰痛で家で悶々とした一週間が過ぎ、ようやく腰バンドをしながら少し動けるようになりました。 そんな昨晩、大きな地震が東京をおそいました。 震度5強だなんて、10年前の東日本大震災以来です。 地震の翌日、にゃんこの集会場に行きました。 猫たちは呑気に…

怪我をしたハタボウ

ハタボウです。 一昨日、ハタボウが怪我をしました。 ご飯を食べるのに立てなくて、いざるような状況だったそうです。 「また、あの馬鹿飼い主の仕業かしら」 となかさんや他の世話人さんが口を揃えて言うのには、 マダグロさんを襲った犬の飼い主は、それか…

高いとこ得意なの

マダグロさんを膝に乗せていたら、暗闇から視線を感じました。 目を凝らすと、、、、、とんとんが。 ええっ? どうやって乗ったん。 どんなもんだい、という顔。 こういう時は、褒めないといけないのです。 凄い凄い、パチパチパチ! どこから飛び乗ったのか…

沙羅ちゃんは U QUEEN

このあたりで、一番 美人さんで一番 賢い猫は、沙羅さんです。 「美人さん」「賢い」は沙羅の代名詞で、お気に入りの言葉です。 あと「シャナリシャナリ」と「下々のもの」という言葉も大好きです。 最近スタートはたUQueenのCM いいですねぇ。 満島ひかりさ…

とんとんが膝に乗る時

先日、雨の日の合羽の膝にスポットはまったのが気に入ったのか、 とんとんは私の膝を好むようになりました。 かなりご満悦なようす とんとんは一歳の時に、捕獲→避妊手術→リリースという経験をして、 それ以来、地面から足が離れるのを恐がる子になりました…

寒くなって嬉しいこと

美しいシルエットだな これぞ、THE CATS どうしたの? お膝乗る? 猛暑の間は絶対に乗らない猫たちが、肌寒くなるとこんなになる。 10分、20分、30分、、、足しびれてきましたが、、、、 「だいじょうぶ、わたし、らくちん」とんとん じゃ、しょうがない、ま…

人待ち顔のふたり

カイさん ( 左 ) とハタボウ。 珍しい組み合わせで和んでいます。 カイさんの背中の模様は綺麗ねぇ。 耳がピッと反応した、こういうの本人はちゃんと聞いています。 なんか今日は鳩が多いな 沙羅の一族は、狩りをしますから、鳥と同居なんて光景はない。 一…

雨宿り

「猫って雨の日、どこにいるんでしょうね」 にゃんこの集会場で出会う人は、かならずこう言います。 ほんとうに 雨や、雪や、強い風を、 にゃんこたちはどうやってしのいでいるのだろう。 ちょっとの雨宿りはこういうこと? こんな所に飛び乗れる子は、とん…

とんとんの居場所

ずっと不在の とんとんでしたが、ここ何日かちゃんと日参しています。 今日はいつもと違うところにいます。 猫は自分ひとりだけをかまって欲しい為、 他の猫から離れたところに 人間を誘導することがあります。 とんとんにとって、ここが落ち着く場所なのは …

速報! とんとん帰ってきました❤

とんとんが帰ってきました! 28日ぶりに会えました! 記念すべき最初の1枚 ほほ、なんとぶちゃいく やっぱり とんとんだ。写真嫌いだったものね、でもそんな顔しないでも・・・・ とととと やっぱり そこがいいの。 「そうよ、私のマットだもん」 あんたね…

ハタボウとの約束

ハタボウです。 この時期のにゃんこは皆、石の上に寝ています。 少しでも陽が当たらない、ちべたい石を探してお腹を冷やしています。 ハタボウが見ている先には、となかさん。 「ハタボウ、となかさんが呼んでるよ。おいしいご飯 くれるってよ」 こんなデブ…

とんとんの「なおおお~」

ここの数日、心を痛めていることがあります。 とんとんが行方不明なのです。 微熱があり5日ほど集会場に行かれなかったので、 私が、とんとんの行方不明を知ったのは少し経ってからでした。 前にもお話しましたが、とんとんは通いの猫です。 必ず毎日いる訳…

グレさんの開き

集会場の猫たち、暑さでバテバテです。 この子はグレゴリー いつもは明るく快活なのに、目があった途端に走ってきた。 あらまあ珍しく甘えん坊さんだこと 「僕ね疲れたのと、暑いのと、お腹空いたの」 そうなの? ご飯食べてないの? 「・・・うん」 となか…

夫婦者、、、やなんだって

しっかり者の女房と、おっとり旦那といったイメージのふたり 「やめて! 夫婦もんになんて喩えないで!」とんとん あっ、聞こえてた? ごめん 本日のお昼ごはん 「もう飽きた?」 「いや、全然」という夫婦の会話 白くまアイスって、色んなメーカーから出て…

風来坊

「この猫、とんとんに似てませんか?」 となかさんから見せてもらった写真の猫は、間違いなくとんとんでした。 写真の場所は、にゃんこの集会場の隣町だそうな。 そこに行くには、電車の線路を渡らなくてはならない。 ええ~っ? そんな遠くまで? 世話人のA…

ケリケリ攻撃 発動

暑い時、閑な時の《さっとんみー ( 沙羅の娘・三姉妹 ) 》の過ごし方は、、、 大きいお兄ちゃんをぶちのめすこと。 ミーシャは、グレゴリーを背負い投げ。 とんとんも、ハタボウを追いかけまわす。 「暑いなぁ、閑だなぁ」とんとん 「ん? 嫌な予感」ハタボ…

猫系図 血縁関係のない子たち

今日は、にゃんこの集会場にある血縁関係のない子たちを紹介します。 長老 もやさま ♂ 2013年物故 最長老 ボス的存在のもやさまは、面倒見がよくて、 小さい子が冬を越せるように枯れ葉の寝床の作り方を教えてやったりしていました。 姉姫さんは、もやさまの…

猫系図 あかちーの子孫たち

あかちーが初年度に産んだのは、三姉妹でした。 三姉妹の三女であるアオイを、私は知りません。 私が通うようになった時には、貰われていってここに居なかったから。 残った姉妹、沙羅・ちょいと は、昔は仲が良かったそうですが、 お互いに二度目の出産の折…

猫系図 ハイシマ家 ~ あかちー家

昨日に引き続き、にゃんこの集会場の猫たちの家系図 ( 関係図 ) です。 重複しますが、お許しを。 ハイシマさん2015年10月物故 姉御2014年物故 ⇔夫婦 【ハイシマ家の子どもたち】 初年度 ⵈⵈ あかちー・くろちー・他 2年目 ⵈⵈ じゃいあん・他 あかちー 2016年…

猫の系図と名前を一覧にします

とんとんは三姉妹です。 とんとんたちの従兄に、ハタボウやグレゴリーがいます。 にゃんこの集会場には現在確認できるだけで15匹います。 血のつながってる子や、そうでない子もいたりします。 15匹の猫たちは、一匹につき何通りも呼び名があります。 今は世…

いつもと違うことしないで

黒い物体、とどのごと。 コロンコロンと珍しくのたうってます。 ハタボウにしては珍しいことです。 左の茂みにはとんとんがいて、奇妙な顔をしています。 「どうしたの? お兄ちゃん。リアクションに困るわ」とんとん とんとんの気持、よくわかるわ。 甘える…

愛想よくしなさい

大雨が続き、ろみ君の腹っぺらしも続いています。 多分、お寝坊さんで早朝に出て来れないんじゃないかな。 それと もしかしたら雨の日は昼の世話人さんが来ないこともあるのかな。 で。 お三時配達人の私を見つけると、「にゃゃゃゃゃ~」と飛んできます。 …

ハタボウの尊敬できないところ

にゃんこの集会所の猫には、 狩りが出来る子と、まったく出来ない子がいます。 下のふたりは出来ないしとたち。 マダグロさん ( 右 ) 「わたしたちのご飯食べてるわよ、どうする?」 ハタボウ ( 左 ) 「・・・ 少し、様子をみましょう」 View this post on I…

雨あがりの集会場

梅雨とはいえ、例年になく大雨がつづいています。 雨と雨の間のちょっとした曇りをぬって集会場に行きました。 熱海の伊豆山をはじめとする深刻な被害に遭われている方が沢山いらっしゃるのに、 にゃんこのしょうもないことで、申し訳ないです、すみません。…

とんとんに会えました!

一週間ほど、とんとんと逢えず、 世話人さんの何人かも「姿を見せない」と言っていたので、ちょっと心配していました。 そんなとんとんは昨日、お腹を空かせて朝も夕方も出て来たらしい。 そうと聞き、会いたくなりました。 行ってみました。夜9時。 いたー…

写真の整理をしています

外付けHDDにため込んだ写真の整理を始めたら収拾付かないことになってしまった。 とにかく凄い量である。 大雑把である反面、書類や写真の整理に関してはA型気質である私は、 緑焼けした画像、茶色がかった画像が我慢できずに全部修正しないと気が済まない。…

草刈の音って怖いの

にゃんこの集会所が騒がしい。 みんな出てきません。 何があったかというと、、、草刈です。 あの電動の草刈りの音は、人間の私でも怖いもの。 にゃんたちにとっては地獄でしょう。 いつもの食事会場の後ろは、鬱蒼としていましたが、 ↓ ↓ ↓ 植木職人さんた…

僕の好きなもの わたしの苦手なもの

コタヌです。 お姉さんに見とれてます。 コタヌは綺麗なお姉さんが大好きです。 あら、とんとん。 珍しく可愛いお顔。 だから、そういう渋い顔はしないのっ! マダグロさんが私の横にピッタリいるのが気に入らないらしい。 声は発してませんが、なんか言い合…

にゃんこの御機嫌ぐあい

ぱんにゃです。 やっと出てきてくれました。 ここ何日か、世話人さんが「ぱんにゃが出てこない」と心配してました。 家猫と違って地域猫はこれが辛いんですよね。 2~3日顔を見せない子がいると、事故にでもあったんじゃないか、 具合が悪くてどこかで苦しん…

きげんよくくらせることとは

となりのおじすんとはもうなんねんのつきあいになるのかしら 主人とは大きな喧嘩をすることなく、自分の親とよりも、長い付き合いになっています。 毎日、きげんよく喧嘩をしないで暮らしてこれたのは、彼が穏やかな人だからです。 そしてもうひとつ理由があ…