garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

7月6日夕食に おもう

昨日《退院した話》を書きましたが、

これはそれよりさかのぼること、20日も前のメニューです。

f:id:garadanikki:20180730105004j:plain

病院食のことを

「カロリーは計算されているかもしれないが米が多く野菜が足りないと感じた」

と書きましたが、

私の方がどうかしているのだと、この写真を見て思った次第。

多すぎだわ我が家は・・・

別の日の朝食 ( 7/9 ) を見ても、どうかしているのがわかる。

f:id:garadanikki:20180730233045j:plain

色々な食材を食べるのは、そりゃ幸せなことだけれど、やはりってものがある。

作るのが好きだものから、時間があると、どんどこ どんどこ 作ってしまう。

大家族だとか、食客がいれば手伝ってもらえるでしょうが、2人家族だもの、考えものです。

今更、反省。

 

これなんかさ、何品目入ってるんだろう・・・・。

f:id:garadanikki:20180730105006j:plain

レタス、昆布、押し麦、人参、ひじき、豆などなど。

味はいつもの出汁プラス醤油をちょぴっと。

健康的かもしれないが、やり過ぎは否めない。

 

 

こちらは先日伊豆栄で食べた「ハルピンキャベツ」をイメージしたものです。

f:id:garadanikki:20180730105005j:plain

いつもの出汁にキャベツを入れ、にんにくと唐辛子を加えてひと煮立ちさせ、冷やしました。

しかし本当の「ハルピンキャベツ」とは別物です。

本物は、キャベツの葉の間にニンニクと唐辛子をすりこんで、一夜漬けるらしいです。

これ ⤴ ネットで「ハルピンキャベツ」を検索してわかったことです。

栗原はるみさんのご子息で料理研究家の栗原心平さんが紹介していらっしゃいました。

今度、作ってみます。

栗原さんちの「ハルピンキャベツ」

 

 

        f:id:garadanikki:20141219124902g:plain



 

さて。

実は思うことがあり、ブログをゆっくりにすることにしました。

GARADANIKKIは、

散歩や外出先で気づいたこと、楽しかったこと、美味しかったものを記録することから始まりました。

古書で明治・大正・昭和の作家の本を読むのが趣味なので、感動した本を紹介することもしました。

地域猫との関わりも記しました。

ただ、最近は日々の料理が多くなりました。

料理が好きなので、他所で食べた旨いもの、ネットやテレビの美味しそうなものは、すぐ作りたくなる。

食材の、これとこれを組み合わせたらどんな味になるだろうと想像するのも好きなので、

へんてこりんな創作料理も作ってきました。

 

散歩・読書・猫では毎日続きませんから、必然的に毎日の食関係の記事が多くなりました。

 

そんな中、こんなコメントをいただきました。 

「病院食も、病院によってさまざまですね! 以外にごちそうなので驚きました。

 グルメのmarcoさまが入院したら、おうちのご飯がさぞ美味しかったでしょうね!

 退院おめでとうございます。」

そうなのか? 私はグルメなのか?

グルメに 美食家という意味合いを持ち合わせていたのでちょっと驚きました。

と同時に、冷静に自分の記事を読み直すキッカケになりました。

病院食を「美味しくない」と書いたことで、作ってくれた人を傷つたことにも気づかされました。

そんなことから「贅沢に美味しいものが好きな人間」と思われたりすることもあったかと思います。

《どうせなら、同じ食材を少しでも美味しく食べられるようにしてみたい》という思いでやってきたけれど、いつのまにか、贅沢をいっているように思われる要素もあっただろうと、大いに反省しています。

 

で。長くなりましたが。

しばらく食事の話は控えようかと思います。

 

日々の食事については備忘録として個人用の別サイトにため置くこととし、

メインのこちらは、散歩・猫・読書を軸に、ときたま料理と考えます。

そうなると更新回数も少なくなるかもですが、皆さまのサイトは楽しみに読ませていただきますので、

これからもよろしくお願いいたします。