garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

仲良くなりたい猫

そそさんと呼ばれている猫がいます。

とても汚れていて、人嫌いの猫です。

やせっぽちの一匹オオカミなんですが、彼が睨むだけで他の猫は恐れおののきます。

多分、ひと睨みされただけで、そそさんが凄く強いとわかるんでしょう。

 

いつも腹ペコで、凄く食べます。

f:id:garadanikki:20180902142107j:plain

他の子は愛嬌があるから、いろんな人から餌を貰えるんだろうけれど、

そそさんは、どんな人にも近づかないから餌も貰えないんだと思います。

 

で。

私のところにだけはやってきます。

ちょっと人の気配がしただけで、こんな風に警戒する。

f:id:garadanikki:20180902142108j:plain

大丈夫だよ、いいから安心して お食べ。

 

私の器からご飯を食べるようになって二ヶ月くらいになります。

少しだけ太って、少しだけ毛艶が、、、

ほんの少しだけですが、よくなってきたように思います。

f:id:garadanikki:20180902142105j:plain

 

そそさんと仲良くなりたいなぁ

 

昔、そそさんにそっくりな猫がいました。

f:id:garadanikki:20150221142930j:plain

ハイシマじー

ハイシマじーという老猫でした。

ハイシマじーとあねご夫婦は、ここで生まれ、ここで夫婦になり、二匹で子育てをしてきました。

ところが生まれてまもない子猫を、猫の愛護団体に連れていかれて以来、人嫌いになってしまいました。

 

子猫は4匹。そのうち3匹は団体が里親を見つけそのまま帰ってきませんでした。

ご面相のよくなかったただ一匹だけが、ここに戻されてきました。

その子がじゃいあんです。


じゃいあんも、父親のハイシマじーも、人間不信になり、1m以上近づくことが出来ない猫になりました。

 

でも。

少しずつ、本当に少しずつですが、距離が縮まっていき、晩年に私を信用してくれるようになりました。

亡くなる一週間前、ただ一度だけですが、ハイシマじーは私ともう一人に背中を触らせてくれました。

今でもハイシマじーの、そのゴツゴツした背中の感触が忘れられません。


そそさん、私はあなたが思うほど悪い人間じゃないんだけどな。

少しずつ、少しずつでいいから、私を信じてくれないかな。

いつか仲良くなれる日がくればいいなと思ってるんだ。

急がないから、よろしくね、そそさん。