garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

ベッタリさんたち

ウィーンから1年ぶりに、斉魚 ( えつ ) 姐さんが帰国しました。

斉魚姐さんは、7年ほど前にオーストリアに渡り向こうで生活しています。

年に一度、帰国する姐さんの愉しみは古墳を巡ること。

「何でいつも寒い時期に?」と聞いたら、

「熊とスズメバチがいない時期だから」という答えがかえってきた。

・・・・。

携帯電話も持たず、一人で墳丘に登り、入れる墓の中には潜り込むのが楽しくてならないのだそうな。。。

・・・・わからない。

 

こんな小さな穴に潜り込んじゃうらしい ⤵

f:id:garadanikki:20190406153300j:plain

入れない。私には絶対に・・・入れない。

 

心配です。

1人で携帯も持たずに山の中に分け入って。

しかも、こんな穴の中に入って、骨折でもしたらどうなるのかと。

「助けて~」と叫んでも、誰も来てくれないんじゃないかと。

斉魚姐さんにそう言ったら「2~3日したら何とかなるでしょ」だって。

・・・・ほんとにワカラナイ www

 

そんな姐さんが、東京に立ち寄って、にゃんこと私に会いにきてくれました。

※ 姐さんは、私がご飯をあげているにゃんこたちの世話を、昔していらした方です。

  姐さんがウィーンに行ってしまった後、私がにゃんこたちと付き合うようになったので、

  姐さんと私はすれ違いの関係でした。

 

にゃんこたちにとって、姐さんは《恩人》です

恩人といっても、直接姐さんからご飯を貰ったにゃんこは6歳以上の子です。

それより小さい子は、親とか先輩猫から話を聞いていたんでしょう。

「あの方は、凄い人なんだぞ。いらしたら三顧の礼で迎えるのだぞ」と。

にゃんこの《申し送り》は凄いのです、絶対なのです。

毎年、小さい猫がその伝えを聞いて、姐さんをお出迎えするのを見てきましたから。

姐さんが来日する日の、にゃんこたちはソワソワします。

 

「早く来ないかなぁ」とんとん

f:id:garadanikki:20190406145200j:plain

ちょっとでも高い所から、来るのを見張ろうという魂胆。

とんとんは、姐さんを知らない世代で、お祖母ちゃんの あかちー から、

姐さんのことを聞いて育った子です。

 

姐さんが到着すると、場所取り合戦が始まる。

f:id:garadanikki:20190406145159j:plain

左で好位置をキープしたのが、ハタボウ。

右でスリスリしてるのが、マダグロさん。

カイさんは出遅れました。

 

ホントに不思議。

何年でも覚えてるんです大好きな人のことは。

この日は、ご無沙汰で私もめったに合えない子まで全部、顔を出した。

総勢 17匹。

 

翌日

f:id:garadanikki:20190406145201j:plain

とんとんが一番乗り。

姐さんの荷物にピッタリくっついています。

「ここ、私の場所なんだから」

先輩猫が来ても、「うーうーうーう」と、うなってどきません。

「とんとんは、姐さん知らないでしょ?」

「ううん、おばあちゃんから聞いてるもん。姐さんは世界一偉い人なんだよ」