garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

雨あがりの集会場

 

梅雨とはいえ、例年になく大雨がつづいています。

雨と雨の間のちょっとした曇りをぬって集会場に行きました。

 

熱海の伊豆山をはじめとする深刻な被害に遭われている方が沢山いらっしゃるのに、

にゃんこのしょうもないことで、申し訳ないです、すみません。

 

一番先に駆け寄ってきたのが、ろみでした。

f:id:garadanikki:20210701152207j:plain

昨日から続く大雨で、ご飯を食べに出てこれなかったみたい。

腹ッぺらしの ろみ・タノシロさん・マダグロさんがモリモリと食べています。

 

とんとんはさっさと食べて、あんな所に

f:id:garadanikki:20210701153736j:plain

この三姉妹 ( さっとんみー ) は、不安定なところが好きです。

背後から見られているの、ちゃんとわかってます。

f:id:garadanikki:20210702153032j:plain

前にまわってみると、、、、

あらぁ、なんて顔なの? ブス顔よ。

f:id:garadanikki:20210701153754j:plain

「ちょうど欠伸した時に撮るまるちゃんがいけないんだ」とんとん

私のせいですか、失礼。

 

何をやっているかというと、、、

f:id:garadanikki:20210701155448j:plain

鳩を狙っているのです。

本気じゃないの、リクリエーションです。

f:id:garadanikki:20210701155511j:plain

ここの場所にくる鳩も雀もわきまえていて用心しながら遊んでいます。

猫たちもここでは本気で捉まえる気はない。

※ 本気の時は別の場所で仕留めます。

 

「つまんなーい。仕方ないからまるちゃんの膝に乗ったげる」

他のお兄さん、お姉さんは乗らせていただくって態度だけど、

あーたは高飛車だよねぇ、まあ、そこが可愛いんだけど。

f:id:garadanikki:20210701162237j:plain

夏にむけて毛のぬける時期なので、黒い洋服は毛だらけですわ。

 

言葉の割に、ちょっと嬉しそうなとんとん

f:id:garadanikki:20210701162253j:plain

 

さて、こちらはマダグロさん。

足元でスリスリしているのは、ろみ君。

f:id:garadanikki:20210701164141j:plain f:id:garadanikki:20210701164144j:plain

どうしたの、ろみ。

珍しいね、君も膝に乗る?

 

「やだよ、ちがうったら~」ろみ

f:id:garadanikki:20210701164158j:plain

 

いつもはご飯食べたら、さっさといなくなるろみなんですが・・・

f:id:garadanikki:20210701164204j:plain

 

なんか、目の前でウロウロしてる

f:id:garadanikki:20210701164240j:plain

 

あら、あんたもお腹 たるんだねぇ。

そうよね中高年だもんね。

f:id:garadanikki:20210701164244j:plain

 

「うざいなぁ、ろみオジサン」とんとん

f:id:garadanikki:20210701164256j:plain

 

あれ? もしかして、足りなかったの?

「うん、僕まだ食べられる」ろみ

f:id:garadanikki:20210701165023j:plain

ろみ君は、他のにゃんこが残したお皿を三皿綺麗に空にして、

マットに散らばったカリカリまで綺麗に食べつくしてくれました。

f:id:garadanikki:20210701165027j:plain

 

「そうか。オジサン、お腹空いてたんだね」とんとん

f:id:garadanikki:20210701172417j:plain