garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

春風亭一之輔 独演会

 

本日のメインイベントは、落語会

 

 ≪いちのすけの嵐≫

f:id:garadanikki:20150116101303j:plain

一緒に観たのは、先日『鳥取 珍魚祭』に集った面々。

 

結論からいいます。

ごく良かった! うもう、大爆笑!! っかり落語のとりこになった!!!


実は、生の落語を聞くのは初めてだ。

古今亭志ん朝さんのDVDを家で見まくってるのに、、、

新宿の末広亭の向かいの店でずっとアルバイトをしていたのに。

 

やっぱり生は凄いものだ。

生観劇 落語デビューが、一之輔さんで良かったと思った。

 

 


春風亭一之輔さんは昨年3月に真打になったが、21人抜きという異例の大抜擢だった。

記者会見で、落語家協会会長 (柳家小三治師匠) に

「久々の本物だと思った。芸に卑屈なところがない。しかも人をのんでかかっている」

と大絶賛されたらしい。

 


Internetでも小三治師匠は、こんなことを言っている。

彼は、去年の3月に真打昇進ということに決まりました。

そうですね、今まで考えますと、本当の抜擢というのも妙なもんですけれども、それじゃ今までの抜擢は嘘だったのかって、そういうことはないんでしょうけども、噺家側から「なんとかアイツを真打にしたい」と思い切ってつまり抜擢、ということになりました。

それがこの一之輔でございます。

 

藝の方は皆さんの方があたくしよりもよくご存知のことと思いますが、実にどうもあきれ返ったようなキャラクターで、恐れを知らないと言いますか、明るいと言いますか、そして口跡も誠に宜しくて押し出しもいい。こういう噺家は以前いたような気がする、誰だろうか、と考えるような、そういう噺家だと思っております。

 

自信をもって送り出します。先行き楽しみです。

皆さんはどうか知りませんが、あたくしは、楽しみでございます。

 (場内 笑)

どうかこの一之輔を今後ともよろしくお覚えおき下さいまして、

ご贔屓のほど、お願い申し上げます。


ここまでべた褒めされちゃあ、ご当人 どんな顔していいかわからない。

その困った顔がこちら ⤵

f:id:garadanikki:20150116101319j:plain

 


深川資料館では、3席 聞かせてくれた

一つ目が『初天神』 二つ目は『短命』 三つ目は喜瀬川が出てくるから『五人廻し』かと思ったら『お見立て』という作品らしい。

一之輔さんは、ご隠居も、花魁も、田舎っぺのお大尽も、そりゃウマく演り分ける。

しかし。

なんといっても 圧巻は『初天神』の悪ガキだった。

 

『初天神』の子供は、噺家によっては天使のように演じる人とクソガキにする人がいるらしく、一之輔さんは《スーパーミラクル悪ガキ》に仕立てている。一之輔さんが子供をやる時の声って、おぎやはぎの矢作さんに似ている。親父をバカにしくさっているのが、オカシクてオカシクて大爆笑した。

 


一之輔さんの落語は、落語協会がネットで配信してるから、いつでも何本も見られる。

時間があったら、一席ご覧になっていただきたい。

損はさせませぬ。