garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

メリークリスマス 斉魚姉さん

 

斉魚 ( えつ ) おばちゃん

僕の名は棗 ( なつめ ) 。

お母さんは、ちょいと。おばあちゃんはあかちーって言うの。

ちょいと母さんは「ご飯は美味しいわねぇ。棗、お腹がすいたら 世話人のお兄ちゃんたちを頼るのよ」というのが口癖でした。そんな母さんは、優しいおばあさんの家に貰われていって、今ここにはいません。

 

僕はね、じゃいあんっていう強い大伯父さんが怖くて《ほうろうのたび》というのに出たんです。

でも、半年くらい前に勇気を出してここに戻ってきました。
初めはビクビクして隠れて暮らしてたんだけど、ずっとそうやってるワケにもいかないでしょう?
そうっと出てきたら、じゃいあん おじさんが人が変わったように大人しくなっていた。
まるちゃんは、僕のことを「いくじなし」っていうけど、仕方ないさ、怖いもん。

 

そんな僕だって、たまには頑張るんだ。
今日は、従兄妹のミーシャが、奈津っていう つっよい姉ちゃんに追っかけられてたから、
「苛めちゃ ダメ―」って《ちゅうさい》したんだ。

ミーシャは助けることが出来たけど、代わりに僕が奈津に引掻かれた。

まるちゃんたちは、「名誉の負傷だ」とか「丹下作善みたいだ」と笑っているけど、
痛いんだよ~。

 

f:id:garadanikki:20151225093523j:plain

 

みんなが言うには「猫は相手の目を見て闘わなきゃいけない」んだって。

でも、僕は目をつぶって、おでこで突進する癖があるの。

普通《どうぶつ》は鼻の頭なんか絶対に引掻かれないんだって。

《きゅうしょ》だからなんだって。

でもしょうがないよね、クセなんだもの。

 

ああ、皆仲良くすればいいのになあ。

斉魚おばちゃん、こんど、いつ日本に来るの? 早く会いたいなぁ。

そしたら友だちのロミって子を紹介するからね。

じゃね。バイバイ

 

            f:id:garadanikki:20150107135137g:plain

 

 

斉魚さん

お元気ですか?

斉魚さんがウィーンに引越してしまってから、この辺も随分変わりました。

私は、沙羅、ちょいと、葵という三姉妹を産んでから、

次の年には、ロミとサミという男の子を産みました。

その次の年には、コタヌとジュニアという男の子を産んだんだけど、つくづく思うの。

 

男の子は難しいわ。

ちっとも言うことをきかないし、そのくせ 女の子より弱虫なんです。

一生懸命木登りや狩りを教えても最初の三姉妹には適わない。下手なんです。

もう途中で嫌になっちゃって、育児放棄してしまいました。ふふ。

 

今ではコタヌはこんなになっちゃった。布団でくるまって寝るんですよ。

f:id:garadanikki:20150314152850j:plain佐藤くんたち人間が甘やかすんですもの。

「猫の風上にもおけない。堕落じゃ」

とまるちゃんが呆れて言うんです。

 

母親として恥ずかしい。
f:id:garadanikki:20140913150736j:plain

そんな私ですが、まるちゃんに言わせれば赤ちゃん返りなんですって。

まるちゃんの膝は暖かいんですもの。

 

あら(?_?) これじゃぁ、コタヌのこと言えないかしら。

うふふ。

f:id:garadanikki:20151225091719j:plain

でも、いいの。
もう何を言われたって、降りないから♥

 

f:id:garadanikki:20151225091722j:plain

あかちー