garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

さんまの醤油煮

 

知り合いから大量のサンマを譲り受けました。

流通業界でよくある《事故品》なんでそうです。

事故品といっても品質には問題ない。梱包が壊れて中のビニールがはみだしたり、

冷凍で運ぶ間に、ちょっと溶けだしたり、日本のお客さんはその程度のことでもダメで、

代品を納品して、事故品は皆で分けたりするのだとか。

私だったらウハウハですが、その人はとても偏食かつめんどくさがり屋さんなので、

おはちが回ってくるわけです。

 

12尾ありました。

流石に毎日焼きさんまでは、さんまがダメになってしまう。

f:id:garadanikki:20181125111738j:plain

 

4尾を焼きにして、残り8尾をさばいて醤油煮と味噌煮を作ることにしました。

f:id:garadanikki:20181125111737j:plain

 

 

これが味噌煮

f:id:garadanikki:20181125111735j:plain

こんな風に煮しめておけば保存できますからねぇ。

 

 

我が家の勇士たち

f:id:garadanikki:20181125111740j:plain

色々試して厳選した調味料たちです。

ごま油は、台東区寿の磯村政次郎商店の「まさじろうさんの純正胡麻油

ボトルに入っているのは我が家の出汁 ( 昆布とどんこ ) 

醤油は、広島の川中醤油の「天然かけ醤油

みりんは、愛知県の「三州三河みりん

この4つが、私の味の源です。これだけあれば我が家の食卓は8割がた作れます。

 

こちらは醤油煮

f:id:garadanikki:20181125111743j:plain

 

8尾のさんまでこれだけ出来た。

f:id:garadanikki:20181125111742j:plain

 

こっちは、いただいた友達への返礼品

f:id:garadanikki:20181125111744j:plain

好き嫌いが多い人なので、多分食べないとは思うけど、

一応、気持ちだから ( ´艸`)

 

今年はさんまが美味しいそうですが、旬から我が家にとっては嬉しい話でした。

 

【さんまの醤油煮の作り方】

さんまの頭を落として三枚におろす。

内臓は入れても美味しいが、今回は身だけにします。

魚用の毛抜きで、丁寧に骨を取り、半身を三等分に切る。

生姜を2かけ、千切りにする。

酒と醤油は各1/2カップ。みりんと三温糖は各1/4カップ。出汁1カップ。

フライパンに上の調味料を全部入れ、さんまを並べて煮る。

汁が少なくなったらスプーンですくってさんまにかけ煮ふくめたら出来上がり。