garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

豊橋 まだまだ歩く~ハリストス正教会

 

安久美神戸神明社のすぐ近くに、美しい教会があった。

f:id:garadanikki:20220320163754j:plain


おやおや?

f:id:garadanikki:20140321140436j:plain

どんな茂みに隠れている子も、見逃さないの私。

f:id:garadanikki:20220320163804j:plain

そんなに睨まないで、何もしないから。

豊橋に来て初めて会った猫さんなんだから。

そうなのこの花壇がチミの特等席なのね、わかったよ邪魔しない。

 

 

それにしてもここは居心地がいい。

f:id:garadanikki:20140321140722j:plain

豊橋ハリストス正教会 聖使徒福音者 馬太 ( マトフェイ ) 聖堂


この聖堂は、豊橋ハリストス正教昇天教会が大正2年に建築したものです。


西を正面とし、吹き出しのポーチをおき、続く玄関はその上に八角形の鐘塔をのせ、階段室を兼ねています。東西方向を軸線として、ポーチに続いて玄関、啓蒙所、聖所の三つの部屋を、規模を拡大させながら東に向かって一列に配置しており、聖堂の東端に至聖所を配置する形式となっています。さらに、聖所の南北にもポーチが配置されています。


設計者は河村伊蔵 ( 知多郡内海村出身 ) で、聖堂建築のため地元の大工は、京都まで赴き京都正教会を手本にして西洋風のドームを建築したといわれています。


この聖堂は装飾の少ない簡素な建築ですが、保存状態は良好で、明治大正期の木造形式による代表的なハリストス正教会聖堂として高い評価を受けています。

豊橋市教育委員会『立看板』より

f:id:garadanikki:20220320163809j:plain

やるわね、大工さん。

 

ちなみに、設計者の河村伊蔵さんは、息子さんもお孫さんも建築家だそうだ。

孫のガウリイル内井昭蔵さんは、世田谷美術館、浦添市美術館、皇居・吹上御苑の新御所を作ったとのこと。

私が生まれ育った世田谷の、あの美術館を建てたのがガウリイルさんだとは。

縁を感じます、勝手に遠い縁ですけれど。

f:id:garadanikki:20220320163820j:plain