garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

雨の日文庫 『しじゅうから日記』  著:ビアンキ

 

f:id:garadanikki:20151203093704j:plain f:id:garadanikki:20151203093705j:plain

雨の日文庫(第一集 七)の『しじゅうから日記』を読みます。
    雨の日でもないのに… ( 許せ。しばらくは雨の日文庫を読むたんびに、こう言うかも(笑) )

この物語の主人公は、ジーニカというしじゅうから
親離れをしたばかりで、まだ何も知らないメスのしじゅうからが、色んなことを経験しながら大人になっていく話です。
章立ては、1月から12月までの12で、ジーニカは1年を通して学んでいくというしくみ。
四季折々の動物たちの暮らしぶりがうかがえて、面白い作品でした。

本には、しじゅうからだけでなく色々な動物が登場しますが、ジーニカは特に物知りの雀のじいさんには、それはそれは世話になる。よく動物もので物知り爺さんといえば “フクロウ” だったりするけど、この本では “雀” です。

他にも、木ねずみやうさぎ、

f:id:garadanikki:20151203093706j:plain


f:id:garadanikki:20151203095406j:plain熊や人間の女の子なんかも登場。

作者は、動物学者だそうで、この話では、登場する動物たちの生態を正しく描いているんだそうです。
動物同士が会話をするかはおいといて、“オオカミとウサギが友達になる”というお伽噺とは違うところが、教育絵本の分野で大切なのかも知れません。

しじゅうからは、ワタシにとって馴染みのない動物だったけど、この本を読んで、すばしっこい鳥と知りました。マグロやサメが、泳いでないと死んじゃうと言われるけど、しじゅうからの場合も、絶えず飛んでる感じ。

作品の中では、「ジン・ジン・チュ!」と鳴いたり、「ジン・ジン・タン!」と鳴いたり…。
春がきて嬉しいとその鳴き声が「ジン・ジン・ナ!」となって。女の子に熊がいるのを教える時は「ジン・ジン・ヴェン!」。ビアンキさんのお蔭で臨場感がありました。そういえば、和名の “しじゅうから” というの鳴き声からきているらしいじゃない?

子供の頃は、どちらかというと人間が主人公の話が好きで、動物物はあまり読んでこなかったけど、
こういう作品にもっと触れてたら、自然の鳥のことにも詳しい 立派な大人になれたかも知れない。

 

f:id:garadanikki:20151203093708j:plain

話は変わりますが、
雨の日文庫も困ったことに、結構大雑把なんです。
(大好きな全集だから、大雑把なのもまあ、魅力のひとつにしておこう)
今回は、本の作者を名前を間違って表記してるの。 雨の日文庫は、“ピアノのピ” で アンキと書いてあるんですが、正確には濁るの、アンキなのよ。

ヴィタリー・ヴァレンチーノヴィチ・ビアンキ
(ロシア語:Виталий Валентинович Бианки )
(1894年2月11日 - 1959年6月10日)

この本読んで大きくなった子が、作者の他の本探す時、困るよね。
ははっ、教育上、そういう苦労も必要なのかな。
ワタシもネットで検索した際、手間取りました。

ビアンキさんの作品は、日本でも何冊も発行されているようです。
『しじゅうから日記』も創元社 世界少年少女文學全集47に収められているようで、訳も同じ袋一平さん。

理論社(1981-10)から出している本に「ビアンキ動物記〈7〉しじゅうからのカレンダー」というタイトルがあるな。日記とカレンダーだから、これも同じ内容だったりして。
『しじゅうからカレンダー』の方は、牧野 四子吉 (イラスト) 、 松谷 さやか (翻訳)と、違うから、また楽しめそう。
比較的手に入りやすいようなので、また別の機会に…。

f:id:garadanikki:20150114111048j:plain

 

【ビアンキさんの作品】


あれ、「きつねとねずみ」なんていうもの、出してんだ。

f:id:garadanikki:20151203093702j:plain f:id:garadanikki:20151203093701j:plain

f:id:garadanikki:20151203093703j:plain f:id:garadanikki:20151203093700j:plain