garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

しっとり ささみ

カロリーダイエットをしていて、一番気になるのが、油脂です。

油はもちろんですが、肉の脂身がバカになりません。

例えば鶏肉。

 鶏むね肉の  皮つきが、191kcal 皮なしは、108kcal

 鶏もも肉だと、皮つき  200kcal 皮なし  116kcal

皮があるとなしでは、90kcalも違います。

一番ヘルシーなのはささ身とわかっていても、パサパサして美味しくない。


そんなお悩みを、家庭料理研究家の多賀正子さんが解決してました。

いつもの『あさイチ~解決! ゴハン』 ( 4/14OA ) で、しっとりささ身の茹で方と、

それを使ったサラダを紹介していたので、作ってみます。


多賀さんは、ポチャっとした体つきで、笑顔の素敵な先生です。

三男一女の母なんだそうで、イノッチ曰く、いつもはガッツリ系の料理を作る人なんだとか。

お顔を見ても、朗らかで、大胆で、さぞ男前の料理を作る感じがしました。

そんな多賀さんが、ささ身に挑戦というので、イノッチにからかわれ通し、

とても楽しいコーナーでした。

 

【しっとりささ身】

f:id:garadanikki:20140914105354j:plain 作り方

f:id:garadanikki:20190708123023j:plain1.やかんでお湯をわかします。

  フライパンにささ身を並べ、塩をふり、酒を加える。


  ※ この時、フライパンはまだ冷たいままです。

 

f:id:garadanikki:20190708123028j:plain2.フライパンの縁からゆっくりと熱湯を入れる。

  そうっと、そうっと。。。


 

f:id:garadanikki:20190708123036j:plain※ 多賀さんは、パサパサにならない煮方を色々試してみた

  そうです。

  熱いお湯にささ身を入れるとダメ。

  水から煮ると、肉のエキスが出てしまうからダメ。

  それで考えたのが、ゆっくりお湯を縁から入れる方法。

  こうやると、ささ身の表面が固くならないそうです。


  「ささ身、自分が煮えてるの気づかないんだな」
                said イノッチ 

 

f:id:garadanikki:20190708123042j:plain3.中火にかけ、湯を沸騰させる。

f:id:garadanikki:20190708123049j:plain4.まんべんなくささ身に火が通るように上下を返し、

  アクが出たら取る。

f:id:garadanikki:20190708123056j:plain5.湯が沸騰したら火を止めてアルミ箔(はく)で

  落としぶたをし、そのまま冷ます。

 

 

【本日のメニュー】

しっとりささ身で作ったサラダ。(左)

きゅうりのタタキと長ねぎの粗みじんがまぶしてあります。

味付けは、焼肉のたれ ( 大さじ3 ) 、酢 ( 大さじ1 ) 、カレー粉 ( 小さじ2 ) 、ごま油 ( ちょぴっと )

以上の調味料をボウルに入れて、しっとりささ身から入れる。

きゅうりを入れると水が出始めるので、食べる直前に和えることがポイントです。

粗みじんの長ねぎがアクセントになって、とっても美味しかったです。

 

f:id:garadanikki:20190708122957j:plain f:id:garadanikki:20190708123003j:plain

f:id:garadanikki:20190708123009j:plain