garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

巣鴨に行く

 

義父が転勤で、三重から気仙沼に引越すことになりました。

引越し慣れしている義父と母は、自家用車に荷物を積んでどこにでも行きます。

しかし流石に、三重から気仙沼は遠い。

中間地点の我が家に3泊逗留することになりました。

 

「東京なんて今さら見たいとこもないでしょうから ( 家で ) ゆっくりしていてください」

そう言ってMOURI が出かけると、母はなんだかソワソワしてる。

「じっとしてるのって性に合わない。どこか行こう。巣鴨がいい!」

アグレッシブだわ、娘の私より。

 

やってきました、おばあちゃんの原宿

f:id:garadanikki:20200220200922j:plain

この街のばあさまは元気だ。

 

いきなり露天で立ち止まる母。

山のように積まれているのは、、、ビーズのストラップです。

f:id:garadanikki:20200220200901j:plain

一個100円。ピカチューも、ディズニーっぽいのもある。

娘の私に選んだのはやっぱり女の子色。

f:id:garadanikki:20200220201644j:plain

 

巣鴨は至る所に椅子がある。

流石にお年寄りに優しい街だ。

f:id:garadanikki:20200220200907j:plain

 

水にぬれると柄が浮き上がるっちゅう傘

f:id:garadanikki:20200220200928j:plain

 

何にでも興味を示す母

f:id:garadanikki:20200220200917j:plain

f:id:garadanikki:20200220200934j:plain

 

この街の「招き猫」は、やっぱり腰かけてる。

f:id:garadanikki:20200220200940j:plain


お線香に火をつける道具があるんだ。

f:id:garadanikki:20200220200950j:plain

 

煙を頭につけるのは、お約束

f:id:garadanikki:20200220200955j:plain

 

とげぬき地蔵さんは、長蛇の列でした

f:id:garadanikki:20200220201008j:plain

 

ちょっと疲れたね、休憩しましょうか。

f:id:garadanikki:20200220201013j:plain f:id:garadanikki:20200220201018j:plain

クリームみつまめは私。母と義父は白玉ぜんざい

 

うっほーーー凄いポップ。商品より目立ってます。

f:id:garadanikki:20200220201030j:plain

 

何を買うともなしにあっちにフラフラこっちにフラフラ。

f:id:garadanikki:20200220201025j:plain

この通りを歩くおばあちゃんたちは健脚です。

元気がなければこの街は無理かも。

 

そこで立ち止まりますか

f:id:garadanikki:20200220201037j:plain

なんだかね、興味を持つものが私と母は同じでした。

やっぱり親子なんだな。

f:id:garadanikki:20200220201042j:plain