garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

帝都物語の文庫について

 

今さらながらですけれど、

荒俣宏さんの『帝都物語』を読んでみたくなり図書館で借りてきました。

こんな表紙のやつ。

f:id:garadanikki:20210417164109j:plain

かなりのボリュームでしたが、面白く読了。

で、今日は本の内容についてではなく、出版物と図書館についての話です。

 

 

二作目を借りようと思って、図書館のサイトを検索したところ、

第弐番というのが見当たらず、いきなり「帝都物語 3」になっている⤵

f:id:garadanikki:20210418160844p:plain

 

図書館に行って聞いてみました

読み終わった『帝都物語 第壱番』を持って、図書館の司書さんに聞きました。

「『帝都物語 第弐番』がヒットしないんですけれど・・・次の巻を借りたいんです」

そしたら 司書さんに言われました。

「『帝都物語』のは、汚れ・破損で廃本になりましたので、他の自治体から借りるようになります」

 

ということで、他の自治体から取寄せてもらうことにしました。

届いたのがこちらです⤵

f:id:garadanikki:20210416152211j:plain

 

表紙の感じが前のと違うような気もしたが、

《2》と書いてあるので読み始めました。

f:id:garadanikki:20210416152240j:plain

※ 他の自治体からの図書は、ビニールカバーを取り外さないで読まなければいけないのですが、

  撮影用にはずしました。

 

何の疑いもなく読み始めたが、なんだかおかしい

読んだなこの話。。。。

 

出版社が違うのかとネットで調べましたが、前のもコレも同じ角川文庫。

前巻は返却しちゃったけれど、どうも前巻の後半部分と重複しています。

 

 

二回目 図書館に行って聞いてみました

二回目に対応してくれた司書さんは前回の人よりも古株さんで、説明したら一発でわかってくれました。

「第壱番の続きが読みたいということで承ったんですよね。

 それでしたら申し訳けありませんでした。

 次の巻は『帝都物語 3』につながるようです。」

 

 

???

どういうことかというと。複雑なんです。

 

初版『帝都物語』は全12巻で、巻数は数字の1,2,3と表示されている。

渋谷図書館ではそれを所蔵していたが『帝都物語2』が汚破損状態になり廃本された。

再度購入しようとしたが初版全12巻は既になく、「新装版」全6巻に代わっていた。

ここで紛らわしいことが起きました。

「新装版」全6巻は、初版全12巻の2話分を1冊にしたものだった。

渋谷図書館ではやむなく、廃本した『帝都物語2』の代りとして「新装版」『帝都物語 第壱番』を購入し、内容が重複するので『帝都物語1』を閉庫とした。

 

よって。

渋谷図書館で「帝都物語」を読む場合は、

1話と2話を「新装版」『帝都物語 第壱番』で読み、

3話目以降を『帝都物語3』で読むということになるのです。

 

説明していても混乱しますから、これを読まれた方は「ちんぷんかんぷんわからんちん」だと思います。

私も最初、ここまで理解するのに時間かかりました。

原因は、出版社の本の表記と、説明不足にもあると思います。

 

表紙には「新装版」としか書かれていないけれど、

※ 普通「新装版」というと《表紙を新しくした》みたいな意味合いが強い。

これは、《2巻が1冊になった合本版》ということだったんです。

 

ネットをサーフィンしてやっと見つけた画像⤵

f:id:garadanikki:20210417164105j:plain

ネットでも、角川のHPにも、Wikipediaでも、合本になったという情報や説明が乏しかったのです。

 

司書さんはやはり凄い!

二回目の司書さんが色々と調べてくれました。

「『帝都物語 第壱番』の巻末には『刊行にあたり筆者が加筆した』とありました。

 もしかしたら加筆に加え、物語の流れを変えていることもあり得ます。

 初版の順番と新装版の順番では変えているとかの可能性も考えられます」

 

司書さんは念のためにと、新装版『帝都物語 第壱番』と、初版『帝都物語2』の小見出しを見比べてくれて、第一巻に関しては同じ内容であると確認してくださいました。

しかしこの先読み進めるには、初版で読み通すなら初版で、新刊で読むなら新刊で読んでいった方がいいとのことでした。

 

どうしようかなー。

私は新装版『第壱番』で読み始めたので、できればこのまま新装版全6巻で読むのが望ましい。

しかしそれには、他の自治体から借りるしかない。

渋谷所蔵本で読みつなぐとしたら、初版本の全12巻の『帝都物語3』になる。

 

うーむ、どちらにしようか考え中です。

そもそも、続きを読もうかも含めて、、、、、考えてみようかしら。

 

 


 

初版『帝都物語』 全12巻のもの

f:id:garadanikki:20210417160200j:plain

帝都物語 01 神霊篇   232頁 1987年09月11日

帝都物語 02 魔都篇   232頁 1987年09月24日

帝都物語 03 大震災篇  272頁 1987月10月01日

帝都物語 04 龍動篇   280頁 1987月10月12日

帝都物語 05 魔王篇   272頁 1987年10月12日

帝都物語 06 不死鳥篇  256頁 1987年10月23日

帝都物語 07 百鬼夜行篇 296頁 1987年10月23日

帝都物語 08 未来宮篇  264頁 1987年10月23日

帝都物語 09 喪神篇   280頁 1987年10月23日

帝都物語 10 復活篇   280頁 1987年10月23日

帝都物語 11 戦争篇   272頁 1987年12月21日

帝都物語 12 大東亜篇  288頁 1989年06月20日

 

 

「新装版」『帝都物語』 全6巻のもの 

f:id:garadanikki:20210417164143j:plain

帝都物語 第壱番 454頁 1995年05月23日

帝都物語 第弐番 528頁 1995年05月23日

帝都物語 第参番 528頁 1995年06月22日

帝都物語 第四番 528頁 1995年6月22日

帝都物語 第伍番 544頁 1995年07月21日

帝都物語 第六番 512頁 1995年07月21日

 

因みにこのあと、外伝というのもあるらしいです。( ´艸`)