garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

カムカムエブリバディ第14話が神回だった

 

NHK 朝ドラ「カムカムエブリバディ」の放送が始まって三週目、

第14回 ( 11月19日OA ) が、神回だったので記録しておきたいと思います。

 

【ドラマの内容とここまでの話】

「カムカムエブリバディ」はタイトルにもあるようにラジオ英語講座にまつわり、

三人の女性の半生をつづったドラマで、初代ヒロインは、橘安子 ( 上白石萌音 )

 

安子は大正14年、岡山市内の商店街に和菓子屋に産まれました。

14歳の時、雉真繊維という足袋から軍服、国民服と手広く商いをしている会社の長男・ ( 松村北斗 ) と恋に落ち、文通を始めますが双方の父親の反対にあいます。

稔の父・雉真千吉 ( 段田安則 ) は、稔を会社の後継ぎにするため政略結婚を考えてしました。

安子の父・橘金太 ( 甲本雅裕 ) も、安子に婿養子をとり和菓子店を継がせるつもりになっていました。

安子と稔は親の気持を尊重し、恋を断念しようとします。

戦争がますます激しくなり、稔の学徒出陣が決まりました。

稔の出征がいよいよ迫ったある日、父親同士が偶然出会うシーンがありました。

 

 

今回、私が心を打たれたのが父親同士の場面でした。

父親たちは子供の将来について、利己的な想いからではなく確固たる信念をもって捉えていました。

安子と稔が恋をあきらめたのも、父親のブレない態度と愛情を感じたからです。

そんな親同士が偶然出会い《稼業について》《息子の出征について》を話し、心を同じくするシーンがとても素晴らしかった。

稔の父・雉真繊維社長役の段田安則さんと、安子の父・橘和菓子店当主役の甲本雅裕さんの、

静かな中に筋の通った上品な演技に魅了され、涙が止まりませんでした。

 

 

 

稔の縁談の為に奔走する父・千吉がふと橘菓子店に立ち寄ります。

安子「いらっしゃいませ。お買い物ですか?」

千吉「ええ、はい。なんか、おはぎが食べとうなって」

f:id:garadanikki:20211122114005p:plain

安子「あぁ、わざわざおいでくださったのに、申し訳けありません。

   もうずっとおはぎは作れずにいるんです。」
千吉「そうですか、、、そうですよね、失敬しました」

安子「あの、ちょっと待っちょってもらいますか?」

 

安子が奥に引っ込むと、入れ代わりに金太が出て来る。

 

金太「雉真さん・・」 

千吉「・・・」

f:id:garadanikki:20211123124255p:plain

金太「違うてたらすみません、雉真千吉さんじゃありませんか?」

千吉「こちらのご当主ですか?」

f:id:garadanikki:20211122113901p:plain

金太「はい、安子の父です 以前息子さんとは」

とまどう千吉

安子がお盆を持って入ってくる。

f:id:garadanikki:20211122113825p:plain

安子「お待たせしました。あっお父さん。祖母の作ったお汁粉です。

   よろしかったら召し上がってください」

千吉「えっ?」

安子「お父さんのお知り合い?」

金太「ん? まあ・・」

安子「そうじゃったんですか、父がお世話になりよります」

千吉「ああ、、、いや」

安子「はよう、お元気になってくださいね」

f:id:garadanikki:20211122113835p:plain

安子、奥へ引っ込む。

戸惑う、千吉と金太

 

金太「実は今日は先代の、私の父の初七日なんです」

千吉「ああ、それは存じ上げず失礼しました。お悔やみ申し上げます」

 

千吉、立ち去ろうとするのを

f:id:garadanikki:20211123124301p:plain

金太「そのお汁粉は父の好物でした。せめてもの供養に正月用に取っておいたわずかな小豆と砂糖で

   これをこさえることにしたんです。」

千吉「そげな大事なものを、お嬢さんなぜ見ず知らずの私に」

f:id:garadanikki:20211123124315p:plain

金太「何か、気落ちしていると感じたんでしょう。

   甘いお汁粉を飲んで少しでも元気になって欲しいと、思ったんじゃと思います。」

考え込む千吉

f:id:garadanikki:20211123124308p:plain

金太「あっどうぞ、召し上がってください」

千吉「あぁ。いただきます」

 

f:id:garadanikki:20211123124321p:plain

千吉「うまい。ぬくもりますわ」

 

金太「ありがとうございます。よろしいですか?」

f:id:garadanikki:20211123124333p:plain

 

金太「この、母の作るお汁粉が、父の菓子作りの、この店の原点なんです。」

千吉「そうでしたか」

f:id:garadanikki:20211123124339p:plain

 

金太「父の旅立ちの時、真新しい、気に入りの足袋ゆうのを履かしてやることができました」

f:id:garadanikki:20211123124345p:plain

金太「雉真繊維の足袋が、足になじんで歩きやすいんじゃゆうて、常々いいよりました」

 

千吉「うちは、足袋作りが原点でした」

f:id:garadanikki:20211123124357p:plain

 

 

千吉「突然お邪魔して結構なお汁粉を頂戴しました。」

f:id:garadanikki:20211123124415p:plain

金太「もしやご長男さんは、、、この度の学徒出陣で、、」

千吉「はあ」

f:id:garadanikki:20211123124409p:plain

金太「うちの倅は昨年出征しました。どうしょもない悪たれで、勘当した息子です」

f:id:garadanikki:20211123124421p:plain

金太「わしゃ、意地を張って、最後まで家に入れてやらず、見送りにも、、、」

f:id:garadanikki:20211123124427p:plain

金太「どうぞ、悔いのないように、息子さんを送り出されてください」

f:id:garadanikki:20211123124433p:plain

f:id:garadanikki:20211123124440p:plain

f:id:garadanikki:20211123124447p:plain

f:id:garadanikki:20211123124453p:plain

f:id:garadanikki:20211123124459p:plain

f:id:garadanikki:20211123124505p:plain

 

ドラマが始まる時、ワケあって今回の朝ドラはみおくろうと思ってました。

でも観てよかった。

上白石萌音さん、本当に可愛いお嬢さんでした。

父親も、母親も、祖母・祖父、周りの人たちみんないい。

やりすぎの演技の人はだれもいないし、脚本も素晴らしい。

特にこの週を担当された橋爪紳一朗さんの演出が見事でした。

 

これを観ればいまからでもわかる!

第1週|あらすじ|NHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』

第2週|あらすじ|NHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』

第3週|あらすじ|NHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』

 

 

本日の昼ごはん

f:id:garadanikki:20211120083925j:plain

、、、昼からハンバークを作ってしもた。

それなりによくできた、ほほ、おいしい。

f:id:garadanikki:20211120083929j:plain