garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

四国旅 2 伊良湖岬

ホテルアソシア豊橋はコンパクトながら快適な客室。

大きな窓からの眺めもいいし、、、、

f:id:garadanikki:20181006161959j:plain

・・・・いいし。

ん、いいはずなんです、高層階ならば。

 

残念ながら今回の部屋は下の方の階でした。

窓からの眺めは、ふにゃん

f:id:garadanikki:20181006162004j:plain

張り出しのベランダと同じ高さなので、座った位置からだと眺めが見えない。

 

上の階だとこんなに見えるんだけどなぁぁぁ。

2014年3月30日に泊まった部屋からの眺め

f:id:garadanikki:20150314235702j:plain

 

朝5:30、だんだん明るくなってきた豊橋の西方面の景色は素晴らしかった

f:id:garadanikki:20150314235717j:plain

 

朝6:20には、朝焼けで金色に輝き出した。

はるか先には、渥美湾 ( 三河湾? ) と西浦半島が見える。

f:id:garadanikki:20150314235724j:plain

 

 

「どうっ? 綺麗でしょう!!!」

なんて、そんな眺めを見せたくてここに来たんです。

 

部屋からの眺めはもうひとつだったけど、もう一つの魅力がある。

バイキング形式の朝食のメニューが豊富で美味しいのです。

数少ない経験値の私が言うのも何ですが、

今まで泊まった ( いわゆる中ランクの ) ホテルの朝食で3位になります。 

 

1位は札幌のロイトン札幌かな。

2016年11月23日撮影 

ロイトン札幌のレストランをエレベーターから見たところ ⤵

f:id:garadanikki:20161206132554j:plain

 

2位は宮崎観光ホテル

2016年11月17日撮影 

宮崎観光ホテル ⤵ 

f:id:garadanikki:20161125142436j:plain

宮崎観光ホテルの朝食バイキングは、

手作りのポップが可愛いくて、メニューも豊富でした

 

 

ホテルアソシア豊橋の良いところは、こじんまりしているけれど清潔感があって、

食器やカトラリーも質の良いものを提供していること。

f:id:garadanikki:20181006162003j:plain

 

そして、飽きないメニューで、どれも美味しい。

特に白米が美味しかったです。

f:id:garadanikki:20181006162002j:plain

 

我が家は旅館には泊まらず、朝食だけ付けたビジネスホテルを利用します。

夜は、街に出て美味しい店で飲みたいから。

豊橋には居酒屋だけでなく、早朝から営業するレトロでいい感じの喫茶店も豊富と聞きました。

そういう喫茶店の《モーニング》も魅力的だなぁ。

次回はそうしてみます。

 

 

 

 

さて、次の訪問先はまだ決めていませんが、

このまま四国に入るには ( 三連休の宿とりで ) ちょっと心配です。

もう一泊 ( 大阪とか京都とか ) 大都市にして、四国入りは明後日にします。

 

でもなあ、こんなにのんびりしていていいんだろうか。。。

「水曜どうでしょう」ではないが、のんびりし過ぎて、後半飛ばさないとならないかも。

 

 

渥美半島に行ってみようか

かつて私が大感動した吉田城あたりを案内しようと思ったのですが、

MOURI は海っぺりがお好みなので、渥美半島、伊良湖岬まで足を伸ばすことにします。

 

あら。

なんだかレトロな信号機。

f:id:garadanikki:20181006162008j:plain

 

豊橋から伊良湖岬までは、かなりありました。

9時発、10時半着。

ここは、伊良湖の道の駅。

f:id:garadanikki:20181006162011j:plain

 

伊良湖岬・・・・

来たことはないはずなのに、どこかで見たことがあるような無いような。

 

 

道の駅から見える小山が面白い。

f:id:garadanikki:20181006162009j:plain

 

小山の木が全部左になびいてます。

右側からの海風が強いからでしょうか。

あん、《ポマードさん》と呼ぶことにした。

f:id:garadanikki:20181006162010j:plain

 

「伊良湖ターミナル」って、どこかで見たような気がしてたんですが、わかりました。

テレビでです。

道の駅のHPからお借りした写真⤵

f:id:garadanikki:20181006162101j:plain

 

道の駅の左側がフェリー乗り場になっています。

水曜どうでしょうの「原付日本列島制覇」で大泉洋さんたちが原付バイクで来ていた所でした。

水曜どうでしょう 2011年最新作 第三日目(2010年7月29日) ⤵ 

f:id:garadanikki:20181006162100j:plain

 

鳥羽行きねぇ。。。

一時間半かけて豊橋に戻らずに、いっそ鳥羽か河和に渡ってしまうという手もある。

 

うーん

 うーん

  悩みどころ。

f:id:garadanikki:20181006162013j:plain

 

足の向くまま気の向くままの旅ですから、何だってありっす。

どうするかお昼を食べてから考えることにします。

 

ポマードさんの向こう側に、駐車場とレストランがあるみたい。

f:id:garadanikki:20181006162102j:plain

折角だから、伊良湖岬の灯台も見たいし。

恋路が浜駐車場に移動しました

ふふんふんふん、何を食べよう。

このあたりは、大あさりが有名らしい。

 

しかーし 駐車場が満杯です。

なんだか様子が変。

車を置いて食事に来ている、というより、駐車場に居座る人 人 人。

椅子を出してカメラをかまえて、キャンプしてるような人もいる。

 

ネットでお借りした写真 ⤵

f:id:garadanikki:20181006183348j:plain

 

恋路ヶ浜駐車場をグルグル回りましたが、空く気配はなく、断念。

大あさり食べたかったのになぁ。灯台も見たかったのになぁ。

 

 

車を走らせていると、山の上に絶景ポイント め~っけ。

f:id:garadanikki:20181006162024j:plain

 

伊良湖ビューホテルのHPからお借りしました⤵

f:id:garadanikki:20181006184438j:plain

 

「なんとかと煙は高いところに昇りたくなる」←まさに私のこと。

クネクネと、伊良湖ビューホテルへの山道を登りきると、まさに絶景。

 

はるか先は、豊橋駅かな。

f:id:garadanikki:20181006162023j:plain

 

またもやカメラをかまえた人たちが。

f:id:garadanikki:20181006162018j:plain

 

こっちの人も

f:id:garadanikki:20181006162019j:plain f:id:garadanikki:20181006162020j:plain

 

あの人のカメラ、バズーカ砲みたいだ。

f:id:garadanikki:20181006162021j:plain

何を撮られているのか聞いてみました。

 

この季節、伊良湖岬は渡り鳥の 通り道なんですと。

特にこの日は、鷹が飛来する絶好の日なんだそうです。

恋路ヶ浜の駐車場のあの方たちも、伊良湖ビューホテルの駐車場のこの方たちも、

年に一度の、鷹のわたりを撮ろうと全国から集まってきたようです。

 

バズーカ砲のおじさまナメで 鷹をパチリ

f:id:garadanikki:20181006162022j:plain

わはは。

流石にスマホじゃ、撮れんわぃ。

 

駐車場側の景色も素晴らしいけれど、

建物の向こうの (ホテルの客室やプールからの ) 眺めはそれはそれは凄いみたいです。

 

こちらの写真もホテルのHPからお借りしました⤵

f:id:garadanikki:20181006184537j:plain


 

 

景色もいいが 腹は満たない

食いしん坊の私たちはそろそろ退却、食事処を探す。

 

 

魚市場がありました。

f:id:garadanikki:20181006162034j:plain

 

あれ?

 なんだか寂しい。

f:id:garadanikki:20181006162032j:plain f:id:garadanikki:20181006162033j:plain

 

あっ。にゃんこ♡

f:id:garadanikki:20181006162026j:plain f:id:garadanikki:20181006162027j:plain

漁港なら、猫が沢山いるかなと思ったけれど、君だけかい?

 

いちば食堂ですって

f:id:garadanikki:20181006162028j:plain

 

「せり市見学できます」ですって、この店から見えるのか?

f:id:garadanikki:20181006162031j:plain

 

「入ろうか、他にしようか」と

迷ってる態の私たちが 写ってる。

f:id:garadanikki:20181006162030j:plain

 

空席待ちの紙があるということは、有名店なのかも 

f:id:garadanikki:20181006162029j:plain

 

入ってみることにします。

f:id:garadanikki:20181006162047j:plain

おお、ここで作っているんだ。

 

お店のHPからお借りしました ⤵

f:id:garadanikki:20181006191130j:plain

 

MOURI は刺身定食

f:id:garadanikki:20181006162042j:plain

 

私は天ぷら定食

f:id:garadanikki:20181006162045j:plain

 

天ぷら定食のご飯は、白飯とあさりご飯が選べます。

f:id:garadanikki:20181006162043j:plain

あさりご飯、、、というよりにんじんご飯ら ( ´艸`)

f:id:garadanikki:20181006162044j:plain

にんじんが甘くて美味しい。

でも、あさりの風味はにんじんに負けた わはは

 

MOURI の定食は、三品付き

f:id:garadanikki:20181006162041j:plain

 

左から、大根のくずあんかけ、いわしの煮つけ、練り豆腐

f:id:garadanikki:20181006162038j:plain f:id:garadanikki:20181006162039j:plain f:id:garadanikki:20181006162040j:plain

  

お隣の人は、一人一個ずつ唐揚げ食べてました。

それほど人気ならと、我等もつられた。

f:id:garadanikki:20181006162037j:plain

美味しいです、香ばしくて揚げ具合 最高。

これなら、一人一個は余裕。 ←嘘です

 

こっちのアサリの酒蒸しは、ちょっと残念。

f:id:garadanikki:20181006162035j:plain

すごくすーっごく、あさりが小さいんです。

 

このお店にも《大あさり焼き》はあるらしいんです、通常は。

しかし三連休の為、大あさりは入荷できなかったのだそうな。

お店の人に「大あさりって、どの位の大きさなんですか?」と聞いてみました。

おばちゃま、笑顔でグーを突き出しました。

女の人のこぶしほど? 冗談でしょうと思いましたが、本当にハマグリよりも大きかったりするらしい。

 

備考) 当日は、市場がお休みだったので「せり市見学」は出来ませんでしたが、

せりが行われる日には、店内の窓からも見られるようです。

f:id:garadanikki:20181007135118j:plain

 

ああ 伊良湖岬の心残りは、灯台と大あさり

 

台風がせまっているというのに、、長期の天気予報では今日からずっと雨だといわれてたのに。

なんて運がいいんでしょう。

西へ向かう空は、綺麗なうろこ雲。

f:id:garadanikki:20181006162048j:plain

 

午後のMOURI は忙しい。

「あら綺麗、写真撮って」という私の注文にしぶしぶシャッターを切る。

しぶしぶだから、あんまり上手じゃない。←ここだけの話 (;'∀')

f:id:garadanikki:20181006162053j:plain

そんな注文に加えて、スマホで宿探し。

 

二日目の宿泊地は京都に決まりました。

初めての京都のお泊り。

わーいだ 楽しみだ。

 

f:id:garadanikki:20181006162055j:plain

トイレ休憩の大津SA

 

そうか、大津に泊まりという手もあったか、、、もう遅いけど 💦