garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

長谷川博己の獄門島

 

横溝正史の「獄門島」と「本陣殺人事件」を読了。 

横溝さんの代表作を《いまごろな私》ですが、

《さらにいまごろ》映画化・テレビドラマ化も見たくなりました。

 

「獄門島」は、昭和22年の発表当初からこれまでに映画化2度、テレビドラマ化4度されているそうです。有名なところでは、市川崑監督作品・主演石坂浩二のものでしょうが、手始めにNHKがプレミアムドラマ枠で放送した、長谷川博己版「獄門島」から見てみることにしました。

f:id:garadanikki:20201002142115j:plain

この作品は、映画さながらの撮影機器で映像化されたとのこと。

ロケ地は、孤島の地形(殺人トリックに不可欠)や島を覆う不気味な空気感の描写するため、自然と歴史的建造物が多く残る佐渡で再現したそうです。

確かに、テレビドラマのレベルを超越した映像です。

 

ただしかし。

家の中や夜のシーンを意識的に暗いまま映し出しているので、

家庭の照明の下では画面に物や光が映り込んで見にくいです。

暗い映像は、映画館の真っ暗な空間では効果的でしょうが、室内空間ではちょっときつく感じます。

 

キャスティングは、

流石にNHKといえども、単発ドラマの脇役に、主役級の大物を配するのは難しかったのでしょう。

まあそれを、市川崑監督作品の豪華すぎるキャスティングと比べてしまっては気の毒です。

 

奥田英二さんの了然和尚というのが、個人的にはちょっと任が重い気がしました。

市川監督=佐分利信

了沢の岡山天音くんがなかなかよかったです。

f:id:garadanikki:20201002142205j:plain

 

ヒロイン早苗は、仲里依紗

f:id:garadanikki:20201002142210j:plain

ヒロインヒロインした演技をせず、

自然に存在しているのがかえって好印象でした。

 

月代、雪枝、花子の三姉妹の衣装が良かったです。

f:id:garadanikki:20201002142130j:plain

 

町の有力者、荒木村長は菅原大吉、幸庵医師は綾田俊樹

f:id:garadanikki:20201002142126j:plain

 

分鬼頭の嫁-お志保を、山田真歩が好演。

この人は、NHK『花子とアン』でヒロインと同期の女流小説家・宇田川満代役をやった

なかなか気になる女優さん。

そりゃ、市川版の太一喜和子さんには叶わないが、頑張られていたと思います。

f:id:garadanikki:20201002142300j:plain

 

NHKはあれですね。《一度起用して評価の高かった役者の再起用率》が高い。

ここまで見ても、朝ドラなどで評判になった人の起用が多い。

この人もそう。『あまちゃん』よかったもの⤵

f:id:garadanikki:20201002142423j:plain

古田新太演じる、分鬼頭の儀兵衛はそんなに沢山は出ないけど、

語り部役 を担っています。

 

 

そしてそして。。

今、NHKではなくてはならぬ俳優、長谷川博己!

驚きました、今までの金田一耕助と全然違うのです。

神経質で、暴力的で、破滅的で、

「あれっこんなんていいの?」と思いました。

f:id:garadanikki:20201002143206j:plain

こんな激情型の金田一は初めてでした。

 

しかし、それにはちゃんと意味がありました。

この作品の金田一は、戦争で何人もの凄惨な死をみてきています。

「戦争のトラウマを抱え、心に空いた穴を埋めるために、取り憑かれたように事件を解明しようとする姿は、風変わりでとぼけてはいるがどこかヒーロー然としていた従来の金田一像とは一線を画す」

上記はNHKのコメントですが、まさにそういう狙いを込めた長谷川金田一の演技に、

度肝を抜かれました。

圧巻でした。

終盤の、了然和尚と対峙する長台詞のシーンの凄かったこと。

彼の高笑いが今でも、胸につきささっています。

 

 

その後の 早苗とのシーン台詞は、原作にはない筈です。

f:id:garadanikki:20201002143243j:plain

 

そして、ラストの鵜飼 ( 柳俊太郎 )との台詞も。 

f:id:garadanikki:20201002143306j:plain

 

そこに今回のドラマのテーマ、金田一耕助像の演出意図がありました。

原作にこういうセリフを付け加えて、新たな金田一を生み出した。

NHKの意気込みを感じた作品でした。

 

これから市川崑作品を見て、もう一度これを見比べてみようかな。

 

f:id:garadanikki:20201002143326j:plain

 

NHKプレミアムドラマ「獄門島」は現在、Amazonプライムドラマで無料配信中。

ご覧になっていない方は、是非!

 

 

 

 

本日の朝ごはん

f:id:garadanikki:20200930104331j:plain

温かい蕎麦にオクラ、なかなか良かったです。

f:id:garadanikki:20200930104353j:plain

 

 

本日の夜ごはん

f:id:garadanikki:20200930173921j:plain

 

浜田山のオリンピックで買ってきた「わらびの醤油漬け」 

プキプキしてとても美味しい!

f:id:garadanikki:20200930173930j:plain   f:id:garadanikki:20201003125343j:plain

 

 

コサージュレタス、しめじ、食用菊の胡麻ドレッシング和え

f:id:garadanikki:20200930173927j:plain

見切り品の菊を買ったので随所に使用 ( ´艸`)

しめじを軽く炒め、菊をさっと湯がいたら、コサージュレタスと混ぜて、

マコーミックの胡麻ドレッシングぶ和えました。

 

オリンピックでMOURI が一目ぼれ 

f:id:garadanikki:20200930173934j:plain

ここにもチラリ 菊をトッピング

 

毎度おなじみ 我が家の鶏軟骨バーグ

f:id:garadanikki:20200930175014j:plain

鶏軟骨と同量の鶏もも肉を一口大にざっと切り、

フードプロセッサーで刻み、大葉も入れ、岩塩を4ガリガリしたものを、

フライパン ( 油少々 ) で焼き目を付けた後、酒を入れ蒸し焼きにする。

形は適当です。

ざざっと大きくフライパンに広げて焼き、ひっくり返した時に、

なん塊かに分かれればそれで良しという感じのもの。

 

今日はちょっと品数豊富。

キュウリと菊の春雨サラダに、バラ肉の麻婆豆腐。

f:id:garadanikki:20200930180143j:plain

 

あはは、ここにも菊を。

f:id:garadanikki:20200930180146j:plain

 

麻婆豆腐にはご飯が、、、というので珍しく夜、ご飯を炊きました。

f:id:garadanikki:20200930180157j:plain

 

〆のおやつに、黒糖のケーキ

ケーキといっても黒糖の蒸しパンです。じわじわと地味な美味しさ。

f:id:garadanikki:20200930193640j:plain

はいからケーキ【はちみつ】懐かしい味、蒸しパンを再現★おばちゃんのはいからケーキ