garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

極上のにぼし

11月26日記載

 

 

お菓子作家のKAYANOさんから極上のにぼしの頭を「猫ちゃんに」といただいた。

彼女はお菓子も作るが、にぼしで取った出汁を使って和食も作る。

頭とはらわたをとった大量のにぼしで、今回は何を作られるのかご相伴にあずかりたいものだ。

 

で、その「猫ちゃんに」なのだが、

たぶん集会場の「猫ちゃん」たちは食べて下さらないと思う。

彼等は猫用の( 塩分の少ない ) にぼしをあげると、上手に頭と尻尾を残す。

そんな子たちに、にぼしの頭をやっても多分無理だとMOURI に言ったら、

「贅沢な奴らだなぁ」と呆れている。

 

折角くださったKAYANOさんには、口がさけても言えないなと思いながら、

とりあえずダメ元で配膳してみた。

 

「くんくんくん、どうしようかな」グレゴリー

 

「あれっ、これは結構柔らかいんですね」ハタボウ

と言いながら、口はつけて下さった。

でも、お通し程度。

なんて贅沢なんだ、こいつらは! 

 

 

 

 

本日の昼ごはん

なぽりたーーーん

粉チーズ ふりふり

 

 

本日の夜ごはん

ブロッコリー、焼きナス、カブとトマト、

三品盛りは、お多福豆、蓮根煮、ピーマンツナマヨ

 

これはマダム特製の、じゃがいもにんじんにんにく炒め

じゃがいもとにんじんの表面がボコボコしているのにはワケがある。

下茹でをしないで、フライパンでじっくりゆっくり炒めて火を通していく。

そうすると表面がこんな感じに溶けて食感が違うのです。

本日は、鶏肉を合わせました。

味付けは、顆粒コンソメ。

 

これは失敗作のスープ

いつもの鶏スープに春雨を入れようと思ったら、切らしていたので、ソーメンを入れてみた。

ソーメンとの相性でちくわを入れてみたが、ひどいものだ。

 

これはまあまあ。

カブを薄く切って、トマトと合わせて、ほんの少しドレッシングをかけたもの。

カブは生でも、ドレッシングとトマトで柔らかくなり、甘みが出る。

簡単で美味しいので、是非お試しくださいませ。