garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

またもお手柄のハタボウ

 

27日 土曜日に、感動することがありました。

ハタボウは本当に偉い子だと、あらためて思いました。

 

 

 

土曜日のにゃんこの集会場は散歩する人が物凄く多くて、

足を痛めたとんとんが心配で、いつもより早くに行きました。

 

「とんとん」

 「とんとん」

 

いくら呼んでも出てきません。

とんとんの塒と思われる茂みを探しましたが見つからず、気配も全くない。

1~2時間、探し回りましたが出てきません。

だんだん心配になりました。

 

・・・・となかさんがやってくる時分は、あたりも暗くなりかける頃。

となかさんに「とんとんがいない」と話して、今度は二人で心配していました。

 

そこにハタボウが通りがかったので、ハタボウに言いました。

「ハタボウ、とんとんがいないの、探してくれない?」

ハタボウはひょえっという顔をして、とことこ歩き出しました。

 

ついて来て

ハタボウは私が付いてくるか後ろを振り返りながら、トコトコ歩いていきます。

茂みを越え、隣家の塀の隙間を覗いて ( 多分とんとんと呼んでいる ) ずんずん進みます。

やがて墓地の入り口にやってくると、こっち行ってみようと言います。

「ええ~、お墓を見回るの?」

ハタボウはどんどんと進みます。

あたりは真っ暗、こんな時期に肝試しをしなけりゃいけないとは思わなんだ。

塔婆がカタカタなる墓地を ずんずん一番奥まで行くと、ハタボウは立ち止まりました。

茂みの匂いをクンクン嗅いでいます。

 

「は、はたぼう、、、帰りたいよ~」

私は、ハタボウに断りを入れて、集会場に戻ろうと思いました。

「ハタボウ、ありがとね。でも私は帰るよ。

 人間がここをうろついていたら、不審者だと思って警察呼ばれちゃうからさ」

小さな声で、ハタボウにそう言って、私は集会場に引き返しました。

 

しばらくしたら、ハタボウも戻ってきました。とんとんを連れて

 

ハタボウは本当に、私の言葉を理解してくれます。

そして本当に一緒に探してくれます。

 

以前もそうだった

ツキグロさんが病気になり、お医者さんに連れていこうということになった日に、

ツキグロさんの寝ている場所を教えてくれたのもハタボウでした。

 

garadanikki.hatenablog.com

 

ハタボウ 君は本当に凄い!

f:id:garadanikki:20210923165449j:plain

ハタボウは、病気の子にはそっと寄り添い、

弱い子を守ってくれるスーパーマンのような雄猫。

ハタボウがいるだけで、何匹の子が救われてきたかわからない。

 

ハタボウ、これからもよろしくね f:id:garadanikki:20211119173434j:plain 本当にありがとう❤

 

 

とんとんは、いくぶんまだ足をひきずっていますが、前よりはよくなっています。

土曜日は、少し歩けるようになったので、人通りの多いこの場を避け、

墓地の茂みに避難したのかと思います。

その位、動けるようになったので安心しました。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Marco(@garadanikki_marco)がシェアした投稿