garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

優しくていい奴

 

にゃんこの集会場で、とんとんの御機嫌を取っていたらTEDさんがやって来られた。

※ TEDさんは、この界隈の猫の写真をそれはそれは素敵に撮られる方です。

 

「まるこさん、カイさんが一昨日あたりからビッコをひいてまして、

 平坦な道はそれほどではないんだけれど、階段が辛いらしくて。

 ちょっと見てみてもらえます?」

「それからねぇ、ハタボウがピッタリくっついてあげてるんですよ」

厳密にいえば、TEDさんと私の猫の呼び名は違うのですが。。

 

TEDさんについて行ってみると、あらまあ、カイさんの後ろに、背後霊が・・・

とても珍しいコンビです。

仲が悪いワケではないけれど、こんなにくっついているのを見たことはない!

 

カイさんはパーソナルスペースが広くて、一人じゃないと寝られないご婦人。

そんなカイさんに寄り添うようにくっついているハタボウは、

怪我をしたり弱っている猫や、問題を抱えてる猫に付きそうのが使命と思っている。

 

今までも、

問題ありのじゃいあんの用心棒だったり、

garadanikki.hatenablog.com

 

 

病気がちのツキグロさんの看護師だったり、

garadanikki.hatenablog.com

 

 

最近では一番お年寄りの姉姫さんに寄り添っている。

garadanikki.hatenablog.com

 

仲良くひとつの皿でご飯を食べるハタボウと姉姫さん

 

そんな面倒見の良いハタボウが、カイさんにピッタリ寄り添っているということは、

カイさんの具合、よっぽど悪いのかな。

犬とかが襲ってきた時に、足が痛くて逃げられないといけないから、守ってあげようとしているのかも知れない。

 

ところが、カイさんの方は・・・ えらく迷惑顔。

「あたし、そんなこと頼んでないしー」カイさん

 

カイさん、そんなに邪険にしないであげて、ハタボウはいい奴なんだからさ。