garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

ご無沙汰したのに、みんな優しかった

1月9日木曜日。

2週間ぶりに、やっとにゃんこたちに逢えました。

年末の多忙に、年明けの風邪で来れなかったものだから、気になっていました。

忘れられちゃったかもしんない、と。

しかし、にゃんこたちは優しかった。

 

最初にかけつけてくれたのは沙羅さまでした。

何か訴えてるような難しい顔。ちょっと怒ってる? いえ、これが彼女のいつもの顔。 

f:id:garadanikki:20200111065737j:plain

冬は脂肪を蓄えて、沙羅さまでもこのように太目になる。

 

「今年も一段とお美しく・・・」と言ったら、照れた。

f:id:garadanikki:20200111065742j:plain

このあと会えたのが、ミーシャ、グレゴリー、コタヌ、タノシロさん、

ナツメもやってきて、いつもより愛情たっぷりの歓待を受けました。

愛情たっぷりというのは、みんなのスキンシップが凄かったこと。

いつもは膝になど乗らない子も、膝に乗って、キスをしてくれて、残りの子は周りでスリスリ。

皆、なんて優しいんだろう。

 

 

あまりの近距離だったので、写真は一枚も撮れませんでした。

 

場所を変え、一番に駆けてきたのはマダグロさんだった。

f:id:garadanikki:20200111065747j:plain

マダグロさんの珍しいお顔。

「マダさん、舌出ちゃってるよ」

「うん、Marちゃんがハタボウの舌、可愛いというから真似てみた」

そうなのか。

 

カイさん、ツキグロさん、姉姫さん、さつま、ハタボウ、ぱんにゃ

皆 元気そうでした。

カラスのキョーちゃんらしき子も、いつもの街燈の上でダンスを踊ってくれました。

 

逢いたかったよーーーみんな