Garadanikki

日々のことつれづれ Marcoのがらくた日記

姉姫さん

空飛びネコさん直伝「ネズミ個体 手作りごはん」

「これは先月27日のお話です。」 そう前置きするのは、件の「手作りご飯」を作成したのが二週間前だから。 手作りご飯? いつも手作りでしょう。 違うの、猫の餌なんです、猫の餌を手作りしたんです。 話はさかのぼること、さらに半月前。 下の拙記事に、空…

姉姫さんがやかましい件

久しぶりの姉姫さん 最近の姉姫さんは、お腹がすくとスゴく大きな声でなきます。 ぴえーーーびえーーー 「姉姫さん、前はそんなに大きなお声じゃなかったよね」 「びえーーーー」姉 もしかして、お耳が遠くなったのかしらん 本日の朝ごはん さっくり かけそ…

となかさんの代役

にゃんこの世話人となかさん ( 仮名 ) が用事があって来れない日に、 代行で皆にご飯を食べさせる時がある。 にゃんこたちは、私のご飯も食べるのだがそれはあくまでも《お通し》と思っている。 2~3時間後には、美味しいとなかさんのディナーがあるので、み…

たくましく生きる

最近の姉姫さんは、4時ごろになると自分で出てきてご飯を催促する。 「早めに食べて、早めに隠れないと、変な犬が来るんですもの」とのこと 横から見た姉姫さん、やっぱり美人だ。 グレゴリーがグテングテンになっちゃいましたの。 秘密は、またたび。 石に…

ニャーでいいなら

今日はチャビ ( 姉姫さん ) に待ち伏せされました。 いつもの場所にお店を広げていて、ふと視線を感じて振り返ったら柱の陰から姉姫さんが見ている。 おーそうかそうか、この時間に、新人の女性のご飯を待っているんだね。 姉姫さんには言っときました。 「…

チャビちゃん 健在です!

猫の世話人 となかさんが、犬に神経質になるのには理由がある。 彼女が可愛がっているチャビちゃんが、3日ほど姿を現さないからだ。 「チャビちゃん」は、私が「姉姫さん」と呼んでいる一番高齢な猫で、 若い時は木登りが上手く、中年になっても美魔女という…

H・G・ウェルズ『モロー博士の島 他9篇』

半年をかけて『メアリ・ジキルとマッド・サイエンティストの娘』の原典を読んできたが、 今回の『モロー博士の島』がその最後。 『メアリ・ジキル~』は4つの作品から設定を忠実に引用したのではなく、 作品から受けたインスピレーションから、新たなアイデ…

姉姫さんの寝食い

今日は姉姫さんがこんな所に。 暑いものね、石の上がいいよね、わかるよー。 ご飯をあげたら、寝食いしてます。 バテちゃってるんだろうなあ。 本日の昼ごはん 朝食に一応これだけセッティングをしたものの、 味噌汁がヘビーで全部は食べられず。( ´艸`) な…

ご飯当番の日

夏風邪が治ってきたので、にゃんこに会いに。 今日は前々から約束をしていた当番の日なので、なんとしても来なければならず。 皆勤賞のとなかさんが用事があるので代りを頼まれていた日だ。 なんとか皆にご飯を食べさせられるかが私の腕にかかっている。 最…

姉姫さんのお通し

久しぶりに、姉姫さんが出て来てくれた。 姉姫さんは最近、ねぐらから坂をのぼって餌場まで出てくるのが億劫なようで、 世話人たちが彼女のところまでデリバリーをしている。 今日もそろそろデリバリーに、と思っていた矢先、 姉姫さんの方から「なーーーー…

再現不能の料理

とても変なものを作った タンドリーチキン いつもはカレー粉とヨーグルトに漬けて自分で作るのだが、 今日は特に用意をしておかなかった為、市販のタンドリーチキンの素を使用。 この商品 ところが、作る段になり裏面を見たらMOURI が苦手な香辛料が入ってい…

見た目ではわからないもの

さて。 これは何でしょう。 春巻きに見えるでしょうが、違うのです。 柔らかいものか、硬いものか、どっちでしょう。 正体は、アップルシナモンロール 初めて見たので買ってみました。 このまま皿に出すと「醤油ちょーだい」と言われそうなので、 家人にはま…

猫って繊細

今日も姉姫さんのアジトにデリバリー 「あら、ありがと」姉姫 姉姫さんのアジトは、斜面を降りた茂みにある。 こんなところを降ります。 下から見るとそうでもないが、降りる時には枯れ葉や土でズズッと滑る。 気をつけないと尻もちをつきそうだ。 この斜面…

まったり

となかさんの代役で、猫たちの夜ごはんを担当。 いつもは昼間に行くのだが、あまり早い時間だとご飯を食べないので、 なるべく遅くにいくことにした。 夜はまったり 昼と夜では猫たちの様子も違う。 まったりしている子たちもいるし、ちょっとした音におびえ…

デリバリー

にゃんこの世話人代表-となかさんが怪我をしたので代行 二日目。 昨日は「となかさんが来ない」と熱弁をふるったものの、猫たちには信じて貰えず、 私のご飯は渋々食べるといった感じだった。 つくづく思う ここの猫たちは自分たちを《のらねこ》と思ってい…

のんびり年を越す

1月12日記載 にゃんこたちの集会場にもしばらく通えない。 私は年内はこれが最後で、年末から正月にかけてのお世話は、 となかさんはじめ輪番制でやっていただくことにした。 今日もお気に入りの陽だまりで爆睡するグレゴリー。 コタヌは白いから、陽だまり…

日向ぼっこ

1月10日記載 先に日向ぼっこの話をしたけれど、ここです ⤵ 残念! いっぺんに撮れなかったけれど、 左から、マダグロさん、姉姫さん、ハタボウと並んでいる。 一番わかりやすく顔を出しているのがハタボウ ハタボウを触ってみたら、ぽかぽかに温まっている。…

グラデーション

1月9日記載 なんとまあ! 玉垣の蔦が綺麗なグラデーションになっている。 緑から順々に赤に変わっていくのが見本みたいで、しばし見とれてしまった。 今日の姉姫さんはイートイン 最近は、3回くらい出て来て食べるんですわ。 にゃんこたちの中で一番食べる。…

目玉焼きと日向ぼっこ

1月7日記載 目玉焼きが美しくできた。 それだけで、今日一日がいい日になる気がする。 本日の姉姫さん 今日はなかなか出て来ないのでデリバリー 大丈夫、具合悪い? 「いいえ、お天気でポカポカ日和だから、日向ぼっこしてたの」姉姫 あーよかった。なにより…

のびーーー

1月3日記載 今日も姉姫さんは食堂でイートイン。 ねぐらまでご飯を運んでやらなくても、こうやって出てきてくれるとホッとする。 もっと食べる? 「もういいわ、あとでまた来るから」姉姫 姉姫さんは「のびーー」を一度して ねぐらに戻っていった。 そういえ…

ペットショップ つるやさん

1月2日記載 にゃんこにあげるご飯が払底したので、あの店を思い出して行ってみた。 幡ヶ谷のペットショップ「つるや」さん 昭和34年創業の老舗で、 先日お話しした「出没! アド街ック天国」と言う番組でも紹介されていた。 お店には、グミちゃん小夏ちゃん…

懇願してもダメな日がある

12月31日記載 今日は、ちょこっとにゃんこに会いに行ってすぐ帰ろうと思っていたが、 そういう日に限って引き留め工作に合う。 猫あのこたちは、紫のマットの上からどかなければ私が帰れないことを知っている。 ちょっと眠くなったりトイレに行きたくなると…

出没 幡ヶ谷

12月30日記載 今日は、MOURI が忘年会で遅くなるというので、外食を考えている。 料理を作るのは嫌いじゃないが、たまには人の作ったものを食べたくなる。 しかもそれがプロの美味しいものならこんなに嬉しいことはない。 さて、どこに行こうか そうそう、あ…

人気の秘訣

12月30日記載 にゃんこの集会場には今、13匹の猫が在籍している。 さつま、とんとん、ミーシャ、カイさん、マダグロさん、 ハタボウ、姉姫さん、グレゴリー、コタヌ、棗、ロミ、奈津。 そしてお出かけ中の沙羅 ( 沙羅命の御仁に連れ去られ中 ) 全盛期は通い…

写真の役目

12月28日記載 毎日撮る写真には、こんな意味があったりもする。 例えばこんなショット 新しく買った商品を誰が好んで食べたかを記録している。 姉姫さん美味しそうに食べている。 あら、後ろにカイさんいたのね❤ またこんな写真 新しい商品で美味しかったも…

ハタボウのお守り

12月25日記載 ハタボウが元気のない子に寄り添う話は、以前にもしたが、 今はずっと、おばあちゃん猫--姉姫さんと寝食を共にしている。 写真は、風邪をひいた姉姫さんに覆いかぶさって 体を温めてやっているハタボウ。 あの日からずっと、こんな生活が続いて…

仲間をさそってやってきた

12月22日記載 アジト その2 ここは姉姫さんのねぐら 人が通る小路から茂みを5mほど下に降りたところにある。 ここから弱った足でよたよた出て来るのだが、 あまりやって来ない時は、こうしてデリバリーしてあげる。 知らない人に ねぐら をあばかれたら野良…

騎士道精神のもと

猫の集会場の世話人-となかさん ( 仮名 ) から一枚の写真が届いた。 遠くて、暗くて、判別しにくい写真ではあるが、姉姫さんの顔がわかる。 その上に黒い塊があるがこれは黒猫、ハタボウ。 なんと。 ハタボウは、姉姫さんに被さるようになり、温めてあげてい…

ちょっと暑くなった時のにゃんこたち

急に夏日のような暑さになった。 まだ6月だっていうのに。。。 暑くなると、猫たちのくつろぐ場所が変わる。 寒い時は土の上だったり枯れ葉の上だったりしたのが、 暑くなると、アスファルトや石の上が涼しくていいらしい。 アスファルトに同化しているよう…

「オバちゃんは怖い」グレゴリー

グレゴリーが膝に乗った翌日。 にゃんこの集会場のアダルトチームエリアに、グレゴリーが遠出してきました。 私の顔をみるやお目めがキラリンとしたので、地べたに座り膝に乗せてやりました。 ところが。 くるりんぱと膝に納まった途端に、カイさんが飛んで…