garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

ちょっと一息 猫たちの恋愛事情

宮崎・松本・札幌の話を書き散らしてきましたが、

実はこのあと琵琶湖・橋本・豊橋にも出かけて12月4日には東京に戻ってきています。

残りの3都市も写真や思い出が山のようで、書きたいことがたまってしまいました。

 

ところが本日から上田の母の所に行かねばならず、しばらくは予約投稿になりそうです。

そんなワケで、もしもコメントをいただいても、迅速にお返事出来ないかも。

ごめんなさい。どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

アップに耐えられる、人気者のグレゴリー

f:id:garadanikki:20161208101545j:plain

グレゴリーは最近、3人から恋い焦がれられている様子。

従妹 ( さっとんみー ) たちから。(グレゴリーの母親と、さっとんみーの母親は姉妹)

残念ながら、みんな不妊手術をされてしまったので、2世は望めないのですけど。。。

 

小さい時のグレゴリー (左)              小さい時のとんとん・ミーシャ

f:id:garadanikki:20150625110834j:plain f:id:garadanikki:20150708095747j:plain

2才半になった彼女たち ( さっとんみー ) は、微妙に自分の行動範囲を確立し暮しています。

そのテリトリーの全部を またいで暮しているのがグレゴリー。

あっちでもこっちでも「ん グレゴリー、すてき」と思われているらしい。

 

悪女さつまの場合

f:id:garadanikki:20151225091715j:plain

人前では「わたし苛められているの。こわーい」とブリッコをするくせに。

猫前では「おらおら」の態度を取ることが、最近バレてしまったさつまです。

現在は、大叔父にあたるじゃいあんを顎で使っています。f:id:garadanikki:20160608162947j:plain

乱暴ものだったじゃいあんですが、怪我した尻尾と去勢の手術をされてから大人しくなりました。

いやむしろ、ヘタレになったといってもいい変わり様。

沢山の女の子にふられまくりの6歳児。

 

そんな中、登場したのがグレゴリー。

夏場の虫刺されも治り、綺麗なお顔とスレンダーな体系のグレゴリーに、悪女 (さつま)様はイチコロ。

さつま「グレゴリーって、すてき」 

 

とんとんの場合

f:id:garadanikki:20160502095515j:plain

木登りが得意なとんとんは、ハタボウを下僕のようにこき使って暮しています。

そこに現れたのがグレゴリー。

自分と同じくらい華麗に木に登るグレゴリーの姿を見て、とんとん嬢 ほの字になってしまいました。

とんとん「グレゴリーって、すてき

 

とんとんの心うつりに憂鬱なハタボウ

f:id:garadanikki:20160318102945j:plain

グレゴリーの出現に、複雑な思いのハタボウですが、

はなから恋愛対象とは思われていなかった。だってとんとんにとってハタボウは、アッシーなんだから。

↓ ↓ ↓ こんな蜜月もあったなぁ

f:id:garadanikki:20160318102947j:plain

 

ミーシャの場合

f:id:garadanikki:20160619095751j:plain

ミーシャは、母親の沙羅の血を一番ひいています。

強気で、お茶目でお転婆で。。。

そんなミーシャにアタックしていたのが コタヌでした。

f:id:garadanikki:20150607000511j:plain

コタヌ「ねぇねぇ おっ母~、どうしたらモテるの?」

アカチー( 母 )「狩りがウマい子がモテるのよ、頑張りなさい」

それを聞いたコタヌは、他の子が捕った鼠を横取り。

「捕る」と「盗る」の意味がわからん猫なのです。

 

そんな折、ミーシャの前に大きな獲物を咥えたグレゴリーが現れた。

グレゴリーはポンと獲物を置いて、スタスタ帰っていきました。

ミーシャ「グレゴリーってすてき

 

最近女の子が僕を見る目が変なんだ。

f:id:garadanikki:20161208101546j:plain

でも僕。

女の子と遊んでるよりか、お兄ちゃん ( ナツメやコタヌ ) と遊ぶんでる方がいいんだけどな。

 

恋はうまくいかないものです。