garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

地図

樋口修吉著「老舗の履歴書」元黒門町の空也を読んで

池之端にあった老舗和菓子屋の「空也」さんのことに興味を持ち、 そこから先日お話した福島慶子さんを知ることとなったが、 そのキッカケになったのが、樋口修吉さんが書かれた『老舗の履歴書Ⅰ』でした。 表紙の右上は、銀座の空也の写真でしょう。 残念なが…

還暦ですと 《伊豆栄》

還暦祝いに鈴本演芸場に行き、そのあと上野池之端の伊豆栄で鰻を食べることにしました。 伊豆栄は老舗の鰻屋さん。 森鴎外、谷崎潤一郎、川口松太郎、小島政二郎などの文豪に愛された店。 伊豆栄については、 今読んでいる浅田次郎の「天切り松 闇がたり」に…

松原 菅原神社

知らない街を歩き回るのが好きです。 最近はあまり遠出はせず、徒歩から自転車にすることも多いですが、 それでも知らない街角を目的地と反対方向に曲がるのが好き。 本日も世田谷区松原に迷い込みました。 遠くに大きな木。菅原神社という看板がありました…

昭和20年代の渋谷 ~渋谷区郷土博物館

町内の掲示板で、こんな催しを知り出かけました。 昭和20年代の渋谷という写真展です。 渋谷区郷土博物館は、気になりながらまだ訪問したことはありません。 こういう長期開催の展示会は「いつか行こう」と思っている間に結局終わってしまうことばかりなので…

『大正・渋谷道玄坂』著:藤田佳世

どストライクの本に巡り合いました。 「大正・渋谷道玄坂」という本です。 《シリーズ大正っ子》の一冊で、 他にも吉原、本郷、築地、銀座赤坂、日本橋本町、 雑司ヶ谷、三輪浄閑寺、根津などがあります。 ※ 興味がある方は、こちらから所蔵の図書館がわかり…

鎌倉 長谷から御成町を歩く

鎌倉では、長谷から御成町まで歩くことが多くなりました。 土鍋ごはん Kaedena. → パン屋 ラ・フォレエラ・ターブル → 古書店 公文堂 マンネリになるけれど好きなコースです。 歩きなれた道なのに飽きないのは、常に新しい発見があるから。 ちょっと横に目を…

夏旅Vol.16 舞鶴 引揚記念館

赤れんが博物館を見学してから、 市役所の先の赤れんが倉庫群を見に行こうと思います。 歩いて5分くらいだそうで、真鶴東港に沿って行けばよいらしい。 そういえば。 赤れんが博物館の中に舞鶴港に関係している戦艦の写真が掲載されているコーナーに、 20代…

夏旅Vol.15 舞鶴 赤れんが博物館

小浜のホテルから見えたあの岬、青井岬っていったかな? 気になったので行ってみることにしました。 今日の泊まりは、金沢にしました。 富山も候補にしていたんですが、ホテルが取れません。 もう一日あったら、富山も行きたかったんですけど。。。。 小浜か…

夏旅Vol.10 近江八幡~八幡堀

白雲館を出たら、道の反対側の鳥居をくぐります。 真直ぐ進めば、日牟礼八幡宮ですが、今日は失礼して、手前の八幡堀を散策。 ・・・と、その前に。 遊歩道の入口に、興味深い看板がありました。 「近江商人とは」 ちょっと読んでみます。 近江商人とは近江…

夏旅Vol.9 近江八幡~西川

ランチは近江八幡でとりたいと思います。 昨日から決めていたことですが 近江牛ってのが食べたい 長浜から近江八幡に向かう道のりで、色々と検索をかけましたが しゃぶしゃぶ、ステーキ、近江牛串カツ なんかがあるらしい。 昼間から、しゃぶしゃぶというの…

夏旅Vol.7 長浜の街並み 大通寺参道から豊公園へ

初めにお話しておきまますが、今回はかなり中途半端です。 大通寺は、開門はしていたものの、本殿に入れる時間ではなかった為、正面広場を拝見したのみ。 長浜城も「城」といっても鉄筋コンクリートの博物館だというのでパスしました。 要するに、そこらあた…

夏旅Vol.6 長浜の街並み 朱印地とか

翌朝、出発までの短い時間、長浜の街を散歩することにしました。 ・・・・と、その話をする前に。 ホテルでちょっとしたハプニングがありましたの、聞いてください。 私たちの部屋は、セミダブルの大きなベッドでした。 ベッドの向きの関係で、通路の方に30…

高麗橋って。。。

前回のお話の、八木昆布店に向かう冒頭にあった写真「高麗橋」についてです。 高麗橋、高麗橋、、、 最近、とこかで聞いたと思ったら「みをつくし料理帖」に出てきた地名でした。 しかも大変重要な場所だった。 みをつくし料理帖は、大阪生まれの澪が皆の力…

北区 天満・中之島あたりを歩く

老松通りを西天満に向かって歩いていた時、 十字路の右の向うに鬱蒼とした木が見つけまして。。。 曲がってみたところにあったのが長池昆布さんだったんです。 そして、その鬱蒼とした木々とはここのこと。 何やら看板がある。 旧町名継承碑『真砂町』 当町…

西天満 長池昆布

仕事の集合時間までまだ2時間半ばかりあるので、もう少し、、、 少しじゃないかな 歩いてみます。 目的地は東高麗橋にある「八木商店」さん。 ちまこ通信 (id:chimako-tsushin) のちまこさんが、 「大阪に行くなら夏バテ防止にいい酢こんぶのお店がある」と…

笹塚 十号通り商店街

腕の良いリハビリ治療院があると紹介され、笹塚に通っています。 同じ渋谷でも路線が違うと商店街の様子が違う。 ここ京王線の笹塚駅は、活気あふれる商店街がいくつもあります。 そのひとつが、駅から甲州街道を渡った北側にある「十号通り商店街」 十号通…

渋谷駅 新南口は遠かった

腰痛のセカンドオピニオンでMRIを撮ることになり、整形外科からMRIの専門医を紹介されました。 「新宿がいいですか? 渋谷がいいですか?」と聞かれ、 「駅から0分」という渋谷のクリニックを選びました。 場所は、新南口改札に隣接するホテルの2階だそうで…

御穏殿坂について

先日、日暮里から根津に向かうのに偶然通った「御穏殿坂」を再来。 前回はBIKAの営業時間に間に合うようにと、急ぎ通り過ぎた場所でした。 「坂」というほどの傾斜ではないと思っていたのですが、 なるほど、左の方はなだらかな坂道だ。 左 ) 御穏殿坂 右 ) …

藤田好三郎さんの中野のお家

先日お邪魔した千駄木の「旧安田楠雄邸庭園」を建てた藤田好三郎さんに興味をひかれました。 藤田さんは普請道楽だったそうで、千駄木のお宅にはわずか数年住まわれただけで、あっさり ( がどうかは? ) 引っ越してしまったようです。 理由は、子供たちが遊…

中野区立中央図書館のあたりを歩く

手しおごはん玄で、美味しいご飯を食べたから、少し運動。 折角、素敵な路地なので一回りしてみます。 無機質なサッシも、木の板があるだけで和む。 花かごもかけられて、これはいいアイデアです。 三味線の音が聞こえてきました。 町内の集会所のようです。…

台東区から文京区へ

お話しておきたいことが。。。 昨日の投稿「須藤公園」は、はるか昔-先月 (3月)の18日に歩いた日記です。 それから今日の記事は、4月5日のもの。 今頃、桜が出てきたりして混乱させてしまいそうです、すみません。 いきなりの青椒肉絲のどアップ 料理のアッ…

さらにマニアックな徘徊 ~砧公園へ

NHK技術研究所前から、旧道を歩きます。 幼稚園時代のお友達の家 ( だったところ ) を通って、砧公園にでも行きますか。 早咲きの種の、桜、ですかね。 ちらほら。 幹の所からダイレクトなのって、可愛いよね。 カーブした道を 曲がったところに、ちあきちゃ…

マーチエキュートに昔、橋があったらしい

太田姫稲荷の元宮のご神木、結構大きかったんですね。 離れてみて驚きました。 駅前だというのに凄く落ち着くのは、ご神木だからかな。 名残惜しいけど、先にすすむことにします。 回れ右して、大阪を下ります。 私、写真を撮るとお月さまが入っていることが…

お茶の水 穂高

東大赤門前の瀬佐味で、はずかし担々を食べたら、散歩開始。 お向かいの近江屋洋菓子店をひやかして、駿河台に向かいます。 近江屋さんはケーキもパンも喫茶もあるお店です。 天井が高くてとてもゴージャスなんですよ。 文京区の、この辺りは昔 神田山という…

マロニエの花が咲く 山の上ホテル

※ これは、 旧GARADANIKKI (JUGEM) にアップした2014年05月06日付のコンテンツです。 hatenaへの引越しに伴い一日だけ先頭にアップし、後日 作成日へ以降する予定です。 あたりに教えてくれそうな人…あっドアマンさん。 「綺麗な花ですね、なんていう木です…

御茶ノ水~穂高の古地図からぁの、山の上ホテルがあった場所

大好きなブログお友達、けだまとりこさんが、お声をかけてくれました。 とりこさん、今度は「御茶ノ水、穂高」に出没されたらしい。 www.kedamatoriko.com なんなんだろう。不思議でならぬ。 とりこさんがいいなぁと思い、紹介される場所は、私も大好きな場…

大田区役所から堀之内を歩く

先日 ( 22日 ) 梅屋敷に行きまして。 趣味が高じて、帰りに図書館で沢山資料を借りてしまいました。 ・・・借りたものは返さねばならぬ そんなワケです。 資料を返しに大田区アゲインですの。 前回借りたのは、梅屋敷の近くにある図書館でしたが、 返却は、…

梅屋敷東通り 道標を目指して~

梅屋敷、ぷらもーる梅屋敷と反対側の商店街に入りました。 あら、こちらのうどん屋さんも気になる。 うめやストアー、いいですね 昭和だ。 とりこさんがコーヒーフロートを飲んだお店がここですね。 残念。 こちらも今日はお休みです。 また海苔屋さんだ。 …

初めての蒲田~梅屋敷公園

今日は、蒲田駅に行きます。 最終目的地は、梅屋敷。 とてもとてーも気になるものがあるので見に行きたいの。 とりあえず初めての町、蒲田駅に向かっている道中なんですけどねぇ 初めての駅はワクワクする。 蒲田って、沢山路線が乗り入れているんですね。 …

田園調布の歴史

田園調布の住宅地は、大正七年に渋沢栄一さんが構想をねり分譲されたのだそうです。 駅前の噴水広場には、こんな看板があります。 田園調布の由来 この広場を中心とする凡そ八十万平米の地域は、昭和文化の先駆者渋沢栄一翁が、我国将来の国民生活の改善の為…