読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

HANSEL & GRETEL(ヘンゼル&グレーテル)の土産話

砧をぶらぶら歩き回り成城学園駅にたどり着き、

お気に入りの店「HANSEL & GRETEL(ヘンゼル&グレーテル)」に寄りまして。。。

ずっと探していたペンをゲットしました。

f:id:garadanikki:20170329191727j:plain

鉛筆のようなデザインなのです。

真ん中がシャーペン、上下がボールペンなんですが、これが書きやすいんです。

今まで使ってきたサインペンの中で一番好きな書き心地。

 

細くてなめらかな線が書けます。

f:id:garadanikki:20170329191731j:plain

 

シャーペンは、ほんとの鉛筆みたいに見えませんか?

f:id:garadanikki:20170329191733j:plain

 

これなら世田谷美術館でも使えるかも(笑)

いえ、使えません(笑)

あはは。

先日、世田谷美術館で係のお姉さんと「これは鉛筆か否か」という議論をしました。

美術館には色々な決めごとがありますよね。

写真不可はもちろんですが、筆記用具にも規制があります。

万年筆はもちろんボールペンもダメですが、世田谷美術館はシャーペンもダメとのこと。

シャーペンの芯は細いから、折れて飛ぶと美術品を汚したり傷つけたりする恐れがあるから。

 

じゃあ、これはどうなの?

展示会などで私が使うのは下のものです。

f:id:garadanikki:20170320002440j:plain

この芯は鉛筆よりはるかに太い。

0.5㎜と比べてもこの太さ。

 

世田谷美術館は、これもダメでした。

鉛筆を持っていない人には、貸してくれるそうです。 

ゴルフ場や、演劇のアンケートを書いたりするのに使う、あの使い捨ての鉛筆みたいなのを。

 

これです、コレコレ ⤵

 

f:id:garadanikki:20170329194929j:plain

 

「ピツエン」っていうんですね、初めて知りました。

確かに鉛筆の芯です、これならそう折れることはないでしょう。

 

・・でも。

芯の太さでいったら私のも太いし、折れない気がする。

係員に見せましたが「これはやはりシャーペンですから」とやっぱりNG。

そうかなぁ。条件はクリアしてると思うけど、お堅いなあ(笑)

 

いつものように話飛びました。m(__)m

で。

シャーペンは鉛筆の形をしているけど、書き心地も鉛筆みたいです。

シャーペンの方は、芯が交換できるからいいけど、

ボールペンはそうもいかないから、ずっと探していた。

 

小さいのもあったので買いました。

f:id:garadanikki:20170329191730j:plain

会計の時、店員さんに、

「書きやすいですよね、コレ。ずっと探していたの」と言ったら、

「私もお気に入りでずっと愛用してます」とのこと。

「コレ、こちらの定番商品なのかしら? 書けなくなったらまた買いにきたいので」

そしたら「替え芯もありますよ」と言われました。

「ええええっそうなのーーー?」

 

話はしてみるものです。

そんな会話がなかったら、一生わからずじまい。

替え芯もゲットできました。

f:id:garadanikki:20170329191729j:plain

 

帰宅してMOURI に話したら、

「そんなに感動する話かな。ペンの商品名ネットで調べりゃ買えるんじゃない?」

・・・・・

・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・それもそうだ。

こんなことにも気づかず、何年も探していた自分が恥ずかしい。

 

そうよ、ありましたよ。

・・・・・・でも。

店員さんとの話は無駄じゃないんだから。

店員さんと話をしてもうひとつ、素敵な画家を知りました。

お店の壁に何点かその人のリトグラフが飾られていて、、、

それが、とても明るく元気になる絵なんです。

こんなタッチの絵です ⤵

f:id:garadanikki:20170329191754j:plain f:id:garadanikki:20170329191753j:plain f:id:garadanikki:20170329191756j:plain

f:id:garadanikki:20170329191757j:plain f:id:garadanikki:20170329191751j:plain f:id:garadanikki:20170329191752j:plain

お店の雰囲気にもとても合っていました。

店員さんに聞いたらば、Christophe Jehan さんという方だそうです。

買い付けに行った先でオーナーが見つけたらしい。

 

「会計の際、質問されるお客様も多くなったので、ここにこうしてメモして

 すぐご案内できるようにしてるんですよ♡」

 

沢山の人が目をひかれているんですね。

Galerie Pascale Froessel Exposition Christophe Jehan

 

MOURI くんよ、

ネットは便利だが、こういう無駄話の中に、おもいがけない発見があるのじゃ。

・・・・苦し紛れにしか聞こえないって、自分でもわかる。

 

お気に入りの店「HANSEL & GRETEL(ヘンゼル&グレーテル)」

f:id:garadanikki:20170329204609j:plain

f:id:garadanikki:20170329191758j:plain

f:id:garadanikki:20170329191801j:plain



HANSEL & GRETEL(ヘンゼル&グレーテル)
〒:〒157-0066 東京都世田谷区成城6-5-34 成城コルティ2F
TEL:03-5429-2525
定休日:無休
営業時間:10:00~21:00