garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

上田に来たらやること 酒と野菜とそばと、、、

東京から上田までは車で3時間半くらいでしょうから、日帰りも十分できる距離。

なのに一泊するのは、母の見舞いに2日行くということのほか、いろいろあるんです。

病院関係ばかりじゃないのさ

・寝ずの甚八に行く

・蕎麦屋を開拓する

・産地直売店で野菜を買う

・宮島酒店で酒を調達する

 

これがルーティーンになってしまいましたが、

今回はもうひとつ「小山牛肉店」に行こうと決めてます。

 

で、まずは朝食

f:id:garadanikki:20191003140810j:plain

そばに、ご飯に、やきそばって、あんた、炭水化物とりすぎ。

f:id:garadanikki:20191003140815j:plain

 

母の病院に行った後、

宮島酒店で新しいお酒を物色して

f:id:garadanikki:20191003141059j:plain

 

産地直売店で、野菜をやまとこ買う

f:id:garadanikki:20190928231112j:plain

 

そんなこんなしていたらもうお昼です。

今回は、新しい蕎麦屋さんに入ってみます。

f:id:garadanikki:20191003140941j:plain

やぐら亭さん

店内はカウンターに、四人掛けテーブルが沢山に、

f:id:garadanikki:20191003140935j:plain

お座敷とかなり広い。

f:id:garadanikki:20191003140904j:plain

 

さて、なんにしよ。

f:id:garadanikki:20191003140835j:plain f:id:garadanikki:20191003140850j:plain

f:id:garadanikki:20191003140828j:plain f:id:garadanikki:20191003140843j:plain


MOURI は、おろしそば B

f:id:garadanikki:20191003140929j:plain

蕎麦屋では大抵、もりを頼むMOURI にしては珍しい。

かき揚げとたっぷりの大根おろし、おかかが乗った  冷かけそばです。

 

私は、やぐら亭そば

f:id:garadanikki:20191003140912j:plain

ありゃこれ、凄い。

山菜、きのこ、野菜の天ぷら、錦糸玉子、長芋、わかめがトッピングされてます。

 

面白いのでグルリと回して色んな角度から撮影

f:id:garadanikki:20191003140918j:plain f:id:garadanikki:20191003140924j:plain

どっちが正面だかわからなくなった。

このそばに冷たいたれがかかっているんですが、なかなか美味しい。

蕎麦は極細麺でした。

 

うわーおなかいっぱいだ。

今回の草津・上田は食べ過ぎたかも。。。←かもではなく間違いなく食べすぎ

 

いつものコースに追加するのは小山牛肉店に寄るということ。

上田駅から国道18号線で10km ( 車で25分 ) のところにある、肉の卸のお店です。

寝ずの甚八で舌鼓をうつ「信州白鶏」はこの店のブランド商品なんだとか。

f:id:garadanikki:20191003141046j:plain

ここだ、ここだ。

 

・・・あれ、貼り紙が。

小売は終了したと書いてある。

Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

f:id:garadanikki:20191003141039j:plain

ええっ、そんな・・・・

とりあえず、ダメ元で入ってみよう。

「あの、ネットで見て東京から来たんですが、信州白鶏はここでしか買えないと聞きまして。

 でも、小売りはもう、されないんですかね」

女子事務員さん ( 店ではないので販売員さんではない ) は、

「どのくらいの量ですか? 物によっては ( 小売 ) 出来ないこともないけれど。

 以前はやっていたんですけれど、人手が減って小売を終了してしまったんです。

 でも、( 信州白鶏のように ) カットをしないものでしたら大丈夫だと思います」

と奥に確認しに行ってくださいました。

 

要するに、ここは鶏だけでなく、牛肉の大きいのや、豚肉も取り扱っていて、

業者用にカットして販売しているお店。

一般小売は、少量を切り分けなければならず、手間がかかるので、

出来なくなったということらしい。

f:id:garadanikki:20191003141033j:plain

事務員さんが戻ってきました。

「大丈夫です。信州白鶏なら。何枚くらいお入り用ですか?」

「とりあえず4枚ほど」

f:id:garadanikki:20191003141026j:plain

やった~、売っていただけました!

事務員さん

「昔からのお客さんもいるので、事前にお電話をいただければご用意しています」

「そうですか。では、次回も電話予約をすれば大丈夫ですか」

「いいですよ」

 

よかった。

店先の貼り紙をみて、諦めなくてほんとによかった。

 

お酒に野菜、そして今回は美味しい信州白鶏というお土産もゲットできました。

今日はどこにも寄らずに真っすぐ帰ることにしましょう。

 

おまけの写真

真っすぐ帰ると言ったそのさきから、みちくさ。

帰り道にみつけた。

f:id:garadanikki:20191003140958j:plain

福無量を作っている「水掛酒造」の酒蔵と直営店。

 

残念ながら今日は休みのようです。

f:id:garadanikki:20191003141006j:plain

今度は是非、寄ってみます。