garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

がぶる

 

外にゃんこと戯れていたら「おじちゃん」から電話が・・・。

「あのさぁ、ヒレカツ食べたいんだけど作ってくれる?」

 

こういうの凄く嬉しい。

何を食べたいかを申告してくれると作り甲斐があるもの。

いつもは「なんか食べたいものある?」という答えに「美味しいもの」と返され、

結局自分の食べたいものに特化したメニューになる。

 

ヒレカツ用の肉は調達して帰るというのでパン粉も頼んだし、あとはお口開けてお家で待ってて。

 

私はもう少しにゃんこと遊ばなきゃいけないからさ。

にゃんこの前ではMOURI のこと「おじちゃん」と言います。

電話がかかってくると、にゃんこは聞こえないふりをします。

 

「おじちゃんから電話なの、もう帰んないといけないの」と言うと途端に

敷物マットをどいてなるものかとなる。

f:id:garadanikki:20200111065747j:plain

こやつら、マットを死守すれば私が帰れないことを知っている。

そして《おじちゃん》からの電話はなかったことにする。

 

かわええーなー きみたちは

 

30分ほどすると、彼らの方から諦めだしてくれるから、そしたら荷物まとめてお家に帰る。

 

 

さっ作りましょう、ヒレカツを

f:id:garadanikki:20200203134140j:plain

おーおー、うまく揚がった。

これまだ半分よ。

 

帰り道のスーパーで見つけた白アスパラ

f:id:garadanikki:20200203134124j:plain

失敗。

こういう切り方して炒めたら「うど」にしか見えない 

 

ででっ

形がかぶってる 

f:id:garadanikki:20200203134118j:plain

 

もひとつ かぶってた   いわしいわし

f:id:garadanikki:20200203134129j:plain f:id:garadanikki:20200203134135j:plain

 

 

こまったものです

f:id:garadanikki:20200203134113j:plain