garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

苦手な作業 「炸虾蟹捲」

今日は、見るも無残なものをご覧いただきたい

じゃん

f:id:garadanikki:20171009155226j:plain

ガラクタというか、廃棄物のセットのような、、、食べ物です。

 

何回かお話してますが、私は「巻物料理」が苦手です。

綺麗に海苔巻きの真ん中に具が入っているのを見ると感動します。

私が作るとどうやっても具がはしっこになってしまいます。

 

三次元の想像力が欠けているのか、、、彫刻も出来ないものなぁ。

テレビでよく見る、金太郎飴を作る人。

凄いですよね、あの技術。

目の部分はこの辺にこんな細さで入れて、ここには口になる部分を入れてと、、、

それで丸くして、細く伸ばすて、輪切りにすると金太郎飴の顔になるっていう。

組飴っていうんですか?あれ。

あと、海苔巻きを切ると、お花の柄になるように巻いたのとか、

そういうの構築できる人の頭脳って、どうなっているのかと思います。

 

ふう。

前置きが長くなりました。

最初に見ていただいた、あのガラクタ的食べ物の正体は「炸虾蟹捲」です。

春巻きに似ていますが、輪切りにしたものが海苔巻きのような料理です。

これが正しい「炸虾蟹捲」⤵  

f:id:garadanikki:20170530122356j:plain

上の写真は merita.jp さまのサイトからお借りしました。

 

こういうのを作りたかったのさ、あたしは。

小さい時に、近所の中国料理店で食べた「炸虾蟹捲」が忘れられなくて、

でも、なかなかこれを提供してくれるお店がなくて、、、

「そんじゃあ、作ればいいじゃない。」とMOURI に言われて、

「作り方なんてさ、ネットで《玉子》《春巻き》とか入れたらでてくんじゃないの?」

と言われて目が鱗でした。

 

あったあった、作り方一杯出てました。


ところがいざ、作ってみたらこのありさまですよ。

もう一度見ていただきましょう。

どん

f:id:garadanikki:20171009155226j:plain

玉子焼きを作って、

筍と豚肉で作った餡を中に入れて、巻き巻きして、

それを油で揚げて切る。

こういうことなんですが、切ったはしからぐちゃぐちゃですのん。

 

ももももう、立ち直れません。

 

因みに。

目をつぶってお口に放り込んだら、子供の頃食べたあの懐かしい「炸虾蟹捲」と同じでした。

 

リベンジしようか。

いや、あたしにはやはり無理だと思う。