garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

キツネの悪戯、、、、いえ、ご利益?

こんな夢を見た

って、夏目漱石の「夢十夜」じゃないですが、明け方、お財布をスラれる夢で目が覚めました。 

起きてから考えました。

財布をいつ無くしてもいいように準備しておこう。

財布が無くすということは、カードの停止、再発行を初め、運転免許書、健康診断書の再交付から、

病院のカードの再発行に至るまで大変な労力がいるわけですよね。

ただでさえお金を失って痛い思いをする上、このような面倒な作業が一気に身にふりかかるのだから、

その分の作業を軽減しておかないといけないかな。と。。。。

 

【財布の中のカード、証明書類の番号を書き出す】

再交付がスムーズに出来るように、免許書番号や、カードの番号、などを書き出した一覧表を作ろうかと思います。ついでに病院のカードも書いておけば少しは作業がスムーズかも知れない。

ただでさえメンドクサイのだから、チャチャチャっと再出発するのがいいように思う。

財布に何が入っていたかの記録にもなりますからね。

 

【最近物が無くなるのです】

何故、そんなことを考えたかというと、年末からよく物が無くなるのです。

大抵は、数日すると出てくるんですが、

探す間のロスと、その品物がないために生じる不便さでストレスがたまります。

 

熱燗器

f:id:garadanikki:20150723094955j:plain

どこをどう探してもない。前日使ったばかりなのに。。。

仕方がないので、勘でつけました ( ってオヤジギャグ ) 

そしたら次の日、こんなところに挟まっていました。

f:id:garadanikki:20160108103428j:plain

アハハ。四角い部屋を丸く掃くというのがバレちゃう話。

 

菜箸

菜箸は、何本かあるけれど、使いやすい長さとか、重さとかでお気に入りが決まってくるものです。

その超お気に入りの菜箸の片方だけ見当たらない。

次の日、冷蔵庫の野菜室の野菜の隙間にありました。

 

忙しくしているからか、ドジなのか、果して老化現象か。。。

とんでもない所から出てきた時には、自分の行動を疑いたくなる。

 

きつねのお守り?

そんな話を にゃんこ先生にしたら、思いもよらぬ話をしてくれました。

 

「それって、もしかしたらお狐さんのお蔭かも。
 お狐さんの、いえ、これは悪戯じゃなくて、守ってくれてるということなんですが、
 気にかけてる人に、何か悪いことが起こりそうになると、その人が使っているものを
 何か一つ狐が失敬して持ち帰る。
 物が無くなって数日は不便だけれど、大きな災難がその人の頭の上を通り越していくんだそうです。
 災難が去った後、無くなったものが見つかる、というかお狐さんが返しにきてくれるんだそうで、
 Marcoさんはここいらの猫を通して、お狐さんに守られているんじゃないでしょうかね。」

 

古来から、狐は神の使い、狐と猫は仲が良いといわれてますから、こんなこともあるのかも知れません。

コタヌは狐にソックリだし。。。

f:id:garadanikki:20151225091744j:plain

コタヌの後頭部

 

無くし物が菜箸や熱燗器程度の物ならいいのですが、

「お財布となると厄介だなあ」なんていう気持ちが深層心理にあったのが、

今宵の夢となったのかも知れません。

でも、にゃんこ先生のお話しのように、お狐さんのなせる業なら、

大きな災難から免れさせていただいていたということ、ありがたいお話しです。