読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

サッチモ

おでかけ サッチモ

サッチモが虹の橋を渡りました。

大好きな板垣さんに看取られて静かな最期だったそうです。

 

 

板垣さんのところにサッチモが顔を出すようになったのは、4年前の暑い日。 

板垣さんが飼っている日本猫の林太郎が気に入ったようで、日参する日々が続きました。

どうやら林太郎を女の子と勘違いしていた様子。

林太郎が男の子だとわかってからも、つきまとって甘ったれていました。

血統書もあるだろうバーマンがフラフラと外をうろついているのか、不思議な光景でした。

 

サッチモの左の喉には大きなたんこぶがあります。

でもフーシャーフーシャー言って人間を近寄らせません。

知り合いの猫の専門家 ( ねこのわさん ) に見てもらいましたが、目視で腫瘍らしきものと判明。

生後1年半くらいの雄であることだけはわかりました。

 

虐待された末の家出だったのか、サッチモは人間が近づくと異様に怖がり威嚇します。

その一方、林太郎が撫でられているのを見ると、自分は壁にスリスリして撫でられている気分になる。

 

ふとした拍子に「ふー」とか「アングリ」した愛猫に、腹を立てた飼い主が折檻。

そんなケースはよくあります。

ぶたれるから、フーシャー言う。

フーシャーと可愛くないから余計に折檻される。

サッチモも、そんなことだったんじゃないかと思いました。

 

板垣さんは玄関にサッチモ用のベッドを作り、庭先でご飯をあげるようになりました。

半年して、一年して、板垣さんの優しさにサッチモの心がほぐれていきました。

「この人は怖くない」

サッチモは、少しだけなら板垣さんにだけ触らせるようになりました。

しかし板垣さん以外の人間がパーソナルスペースに踏み込んだ途端、強烈な猫パンチを見舞わせる。

「あんたねぇ、ご飯を貰う時だけだもんなぁ」

そう思いながらも、怒ってしまったら、折角ほどけたサッチモの心が逆戻り。

世界で1人だけでいい、サッチモが心を許した板垣さんの愛情があれば、

それで、この子は幸せなんだろうと思いました。

 

少しずつですが、

サッチモの気分が良い時だけですが、

ご飯を食べている間にそっとなら、私も背中をタッチできるようになりました。

それでも機嫌が悪ければ容赦なくフーシャーだけど(笑)

フーシャーした後で、少し離れたところにゴロンとなり、

「ごめんなさい」と言っているような顔のサッチモ。

彼がどんなに怖い目にあったのかを思うと不憫に思います。

 

 

サッチモの行動半径は広く、1Km以上離れた境内で目撃することもありました。 

そこは狸やハクビシンも出没する場所。

ある日、狸の子供がサッチモを親だと見間違い、ついて歩いていました。

柄が柄だけに「サッチモ 狸と間違われる事件」でした。

迷惑顔のサッチモ、その後に子狸、その後ろからホントウの親狸。

腹を抱えてしまうような光景でしたが、サッチモはそれに懲りたか1km遠足は間遠になりました。

 

 

サッチモの左首のたんこぶも気になります。

でもどんなに懐いた板垣さんでさえ、サッチモをホールドすることは不可能です。

動物病院に連れていってあげたいのは山々ですが、折角慣れたサッチモに、また怖い思いをさせるのもストレスかと、見守るしかありませんでした。

サッチモの食欲は旺盛で、こぶがある以外には、元気で快活に暮らしています。

 

ところが。。。

9月に入り、サッチモがどんどんやつれていきました。

食欲は一段と増し、いくら上げてもペロリです。

自分の分を食べたら、隣の林太郎のお皿に首を突っ込み

「兄ちゃん、僕にちょーだい」という始末。

f:id:garadanikki:20161002082234j:plain

 

それでもどんどんどんどん痩せていきました。

腫瘍の所為なのか、、、もしかしたら虫がいるのかもしれない。

 

捕獲できないまま半月が過ぎました。

f:id:garadanikki:20161002082238j:plain

 

そして今日、板垣さんから電話がありました。

「今日ね、朝7時にサッちゃん亡くなりました。

 お医者に連れていくとか、何にもしてあげられなかったの。」

悲嘆にくれた板垣さんでしたが、私はサッチモは幸せだったと思います。

 

あんなに人嫌いだったサッチモが唯一心を開いたひと。

板垣さんに可愛い可愛いと沢山撫でてもらって、嬉しそうに甘えるサッチモが思い出されます。

美味しいご飯を沢山貰って、温かなベッドを用意して貰って、、、

恐る恐る板垣さんのお家の中も探検したこともあったわね。

 

板垣さんに会えて、サッチモはホントウに幸せだったと思います。

そんな大好きな人に見守られて息を引き取ったのですから。

サッチモ、良かったね。

君は幸せだったよね。

天国に行ったら、狸やにゃんこたちと仲良く暮らすんだよ。

さようなら、そしてありがとう。