garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

クリスマスパーティー produce by MAMA

 

親友MAMAの家恒例のクリスマスパーティーに招待を受けた。

元々料理上手の彼女は、アメリカ暮らしの経験からパーティー料理にも磨きがかかった。

 

テーブルには既に、7品並んでいる。

f:id:garadanikki:20211204135221j:plain

 

 

バーニャカウダ

f:id:garadanikki:20211204135100j:plain

普通の家でソースを温めるポットなんか、なかなか常備してないでしょう? 

だいたいにして。

f:id:garadanikki:20211204135109j:plain

アンチョビとにんにくの美味しいソースに、

色とりどりの野菜をつけて、パクリ。

f:id:garadanikki:20211204135104j:plain

うほっ、かぶが甘くてとろけた。

あの皿にチコリがあったので、それも浸してみようか。

 

コールスロー

f:id:garadanikki:20211204135128j:plain

いったい何個分のキャベツなんだ?

2種類の高価なカニさんが、ふんだんに混ぜられているらしい。

味に深みと甘さがあるのは、そのお蔭だろう。

器ごとかかえてパクパク食べたいくらいにウマい。

 

3種のハムのオードブル

f:id:garadanikki:20211204135114j:plain

生ハムにキウイを巻いたのと、パストラミにエシャロットを乗せたのに、

黒コショウがアクセントのパストラミかな? 
それぞれの肉の味わいによって、厚さを違えて切ってあるのも凄い。

食感が変わって楽しめる。

 

 ローストビーフ

f:id:garadanikki:20211204135142j:plain

ローストビーフだってある。

サンタのカップも可愛い。 

サーモン巻

f:id:garadanikki:20211204135159j:plain

 

 

カイワレ大根にサーモンのオードブルは、MAMAがよく作る一品。

本日はとんぶりマヨネーズが乗っていて、これがまた最高なマッチングだ。

f:id:garadanikki:20211204135209j:plain

飾り方にも、ひと工夫。

緑色野菜がふんだんにあると、胃にも優しく視覚的にも素晴らしい。

 

 

2種類のディップ

f:id:garadanikki:20211204135154j:plain

大好物のクラコットには、クリームチーズの方が会うかもしれない。

f:id:garadanikki:20211204135242j:plain

f:id:garadanikki:20141222114037j:plain

チコリがささっている方は、なんだろう。

ピーナッツに味噌? いや違う、、、種明かししてよMAMA。

 

ミネストローネスープ

f:id:garadanikki:20211204135227j:plain

f:id:garadanikki:20211204135231j:plain野菜が沢山食べられるからと、

メニューに加えたらしい。

何て優しい味なんだろう。

本人は「ちょっとサラッとし過ぎ」と言うが、とんでもなくウマイ。

くどすぎない分、他のメニューとのバランスが最高です。

 

鮭とごまのオニギリ

f:id:garadanikki:20211204135138j:plain

ふわっと優しい結びとシソの相性が抜群。

やっぱり日本人だ 私たち。お米料理があると落ち着くもの。

これは、皆より一足先に到着してお手伝いしたというAney作だそうだ。

f:id:garadanikki:20211204135132j:plain

一個だけシソが反抗してたけど、綺麗によく巻けてるよ。

本当に美味しい。ごちそうさま。

京いもは、お出汁だけで何も加えてないそうだ。

f:id:garadanikki:20211204135326j:plain

体中に出汁の美味しさが沁み至る。

日本人に生まれて良かった。


 


MAMAの手料理はまだまだ続く。

談笑したり、Blancに食われる人がいるうちに、オーブンがチーンと鳴る。

第二ラウンドのはじまりはじまり。

 

ココット(…かな?)

f:id:garadanikki:20211204135253j:plain

これも、ふんわり優しい味。

ココットの下の棒は、鍋敷きなんだとか。

f:id:garadanikki:20211204135248j:plain

 

 

鮭とねぎのクリームソースかけ

f:id:garadanikki:20211204135304j:plain

ディールが添えてある。

ホワイトソースが薄味で、鮭とのバランスがいい。

f:id:garadanikki:20211204135258j:plain

こういう料理も全てMAMAは目分量で適当なのだという。

体感? いや料理だから舌感か?

味覚に関する本能的な何かが備わっている人なのだろう。

 

 

クリスマスといえば、ローストチキン 🎄

f:id:garadanikki:20211204135309j:plain

腹がはちきれそうなので、鶏のモモ肉は、Blanとワタシで仲良く食べました。

f:id:garadanikki:20211204135314j:plain

 

 

パンナコッタ&クリスマスティー

f:id:garadanikki:20131222145918j:plain

〆は、ババロアに三国屋善五郎のクリスマスバージョンのフレーバーティー。

f:id:garadanikki:20131222140552j:plain

「お味は、どう?」というMAMAの質問に、

MOURI は「うん、冷たくてウマい」と答えたらしい。
続けてコウ君が「バナナ、ウマい」と言ったらしい。

駄目じゃないか二人とも、それは料理の褒め言葉になっていませんから。



f:id:garadanikki:20131222121059j:plain

Darl'n & MAMA 家のクリスマスパーティーは、美味しいお料理だけじゃなく、

綺麗な花と、素敵な笑顔のおもてなしでした。

Thank You so much!!

 

 

f:id:garadanikki:20140914204255g:plain

 

  • MAMA f:id:garadanikki:20140914094233g:plain
  • 2013/12/23 7:18 PM

ま~、大々的に取り上げていただいて、ありがとうございます。
私のほうもアップしました、が、同じ写真を使っているのに何故でしょう・・・
Marcoの方が、臨場感が伝わってきます。
メニューの解説は、かなりいいかげんなのに~。(笑)

 

  • Marco f:id:garadanikki:20140914094247j:plain
  • 2013/12/23 8:43 PM

同じ写真といっても修正してるけどね。
臨場感があるとしたら、私の感動が伝わったってことでしょう。
とても美味しいものたちだったから。