garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

カンカン焼きリベンジ

 

ギョギョいちで購入した、カンカン焼きセットを使って、

残り半分の牡蛎を焼きました。

 

前回は、説明書きの「水または酒を200㎖」の酒を採用しましたが、

焦げるだけであまり効果がみられなかったので、今回は水でいきます。

水の量も300㎖にして、火加減も少し弱火にしました。

こんな感じに蒸した水分が底に残ってます。

故に、焦げませんでした。

f:id:garadanikki:20210906201822j:plain

因みにこの缶、蓋にこんな感じの穴があけられています。

危なくないように開けられた穴も、綺麗に安全に加工されています。

f:id:garadanikki:20210906201814j:plain

この缶と、軍手と、牡蛎をこじあげるナイフは、今後も使えそうです。

でも。。。。

カンカン焼きの牡蛎は普通でした。

これなら新宿のオイスターバー「牡蛎入れ時」で食べるのがいいかも。

food-architect-lab.com

※ 渋谷のごまやのカンカン焼きも美味しかった名店でしたが、

  再開発で店がなくなってしまったのが返す返す残念です。

 

 

 

本日の朝ごはん

f:id:garadanikki:20210906094826j:plain

 

 

本日の夜ごはん

f:id:garadanikki:20210906200118j:plain

フライの下に置かれているのが、牡蛎をこじあけるナイフ。

f:id:garadanikki:20210906200124j:plain

こんな感じのつまみで、牡蛎が蒸し上がるのを待ちます。

f:id:garadanikki:20210906200717j:plain

 

出来た! 今回は焦げてないです。そこに牡蛎からにじみ出たゆで汁が。。

f:id:garadanikki:20210906201822j:plain

 

今回の商品、個体差が烈しい。

f:id:garadanikki:20210906201923j:plain

真ん中のなんか、こんなに小さい。

f:id:garadanikki:20210906202137j:plain

専門店で、こんなに個体差があったらマズイかもです。