読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

犬の散歩者

すてきな人 日々のことつれづれ あかちー

「蟻は左の二番目の足から歩き出すんです」

熊谷守一画伯の有名な言葉です。

熊谷さんは晩年、家の庭に筵を敷き、わずか18坪の世界に生きる小さないのちに視線を注ぎました。

「地面に頬杖をつきながら、蟻の歩き方を幾年も見ていてわかったんですが、

 蟻は左の2番目の足から歩き出すんです」

 

f:id:garadanikki:20150317150634j:plain

 

こういう人、いたなもう一人。

にゃんこ先生

猫の世話をするだけではなく、動植物にわけ隔てなく優しい人。

猫メシを、皿ごとかっぱらいに来るカラスにも優しい。

「食え食え、だけど皿は持っていかないでくれよ」

「かあかあ」と催促するカラスに、食べやすいように猫から少し離れたところにお皿を置いてやる。

f:id:garadanikki:20160410040118j:plain

手なずけた。名前もつけてる。

でも今日はスナック盗まれた。ははは。

 

 ハクビシンも、狸も、蛙にも優しいのです。

 

 

先日、3日もご飯を食べに出てこなかったにゃんこがいました。

4日目に出てきたら、左腹に傷がありました。

3㎝くらい丸く毛が抜けてまる裸になっていました。

 

なおりかけ。 でも剥げてます

f:id:garadanikki:20160401125615j:plain

可哀想にねぇ、痛かったろうに、、、、

傷が癒えるまで、ねぐらで安静にしてたんでしょう。

 

傷口を見たにゃんこ先生。

「これは狸とかハクビシンとかじゃないですね、中型犬にかまれたんでしょう」

傷の大きさや形で察しがつくのだそうです。

「でも、噛まれたというより、噛みつかれそうになる寸前に逃げたんでしょう。

 毛だけ引き千切られたようですね」

 

なるほど、よく見るとかみ傷はない。

傷跡でなんでこんなことまでわかるんだから凄い。

 

 

もうひとつ、にゃんこ先生の観察眼でナルホドと思うことがありました。

犬の散歩をさせる飼い主さん、大型犬と小型犬を連れている人はちゃんとリードを持って神経を使って散歩をさせている。

大型犬は子供に飛びついたりしたら大変ですからね。

小さい犬は、逆に弱いですから守るんでしょうね。

 

でも中型犬で、例えば柴犬くらいの大きさの飼い主さんは、結構自由なんだそうな。

リードが長ーく伸びるのを使っているのも中型犬の飼い主さんが多いです。

このあたり森のような場所もあるから、ここに連れてきてリードを放して、

放し飼いにして糞させる人がいる。

先日見た飼い主は、自分の犬を猫にけしかけて面白がっていました。

 

まるこ「あのね、にゃんこ噛みついたワンコに私が噛みついたら、

    やっぱり飼い主に怒られるかねぇ」

にゃんこ先生「まるこさんなら、やりそうな気がしますが、それはどうかと」

 

牙には牙です。

私の場合、噛みつくにゃんこには噛みついて駄目だとおせーてますから。

犬にもそういう方法があるように、、、うん、どうしても思ってしまいますのじゃな。