garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

田原町 再訪

 

幸田文さんの本『<流れる>おぼえがき』と、数葉の写真を持っておでかけ。

行き先は柳橋。

 

でも、まず降りたったのは田原町駅。

先日買って美味しかった中塚商店の塩豆と、ペリカンの食パンと、楽宴のランチがお目当て。

f:id:garadanikki:20160120203826j:plain

ここだわ、ペリカン。

あれれ外に人が・・・並んでるのかな?

しばらくその人たちの後ろに並んでましたが、横から扉を開けて入っていく人がいるので、

先客らしきその人たちに目配せをしたら、見ているだけだって。(笑)

それじゃ入りますね。

 

右手のラックには、袋詰めにされた食パンが無造作に並んでます。

奥にはバターロールが見える。

小さいサイズ ( 一斤 ) をお願いしたら、もう無いんだそうです。

「今あるのは一斤半だけなんです」

そ、そ、そうなんだ。じゃ、一斤半ください。

f:id:garadanikki:20160120211558j:plain

お金を払っていると、さっき外にいた女の人たちが入ってきて、スマホを店員さんに聞かせている。

「ほにゃらららら」

ああ、中国語の通訳アプリね。へぇ、中国の人も人気を聞いて買いに来るのか。

店員さんと中国の人、しばらくスマホを行ったり来たりさせながら やりとり していましたが、

一斤半は通じないか。

最後には店員さんが、写真入りの商品と金額が書いてあるポスターの前に来て、

「これ、ソールドアウトね。これも✕、これも✕、これだけ〇」と

手でバッテンとかマルとか作って教えてました。

なるほど最後はゼスチャーか。

f:id:garadanikki:20160120203827j:plain

 

お店をあとにして、横町に入ると、何か気になる立て看板。

f:id:garadanikki:20160120203829j:plain

「まごのごま パンにぬって たべてみて!」と書いてあります。

へぇ。ごま油屋さん。

f:id:garadanikki:20160120203828j:plain

お店に入ると、上品な初老のご主人らしき方が出てきてくだすって。

「パンにぬるというのが面白いので」と聞いてみると、

去年、高田純次さんが《じゅん散歩》という番組で、ペリカンの食パンを買ったついでに入店され、

ここのごまペーストを塗って、「うまいうまい」と食べて帰られたんだそうな。

( 目に浮かびます ) 

 



予約殺到のパン屋さんペリカン
〒:台東区寿4-7-4
TEL:03-3841-4686
・食パン 一斤 380円
営業時間:売切れ御免

パンに合う白と黒のごまペースト 磯村政次郎商店
〒:台東区寿4-7-2
TEL:03-3843-5681
・まさじろうさんのマルオウ純正胡麻油 1,080円
・まさじろうさんのまごのごま 1,155円

 

ペースト瓶をみると、ごまの他に蜂蜜や甘味料が既に入っているものでした。

とすると、パンに塗ったりするのにしか使えないから、それじゃ普通のごま油をいただいていこう。

店頭には、高温で焙煎され圧搾した色の濃いものから、生のままの太白まで5種類くらい並んでます。

ご主人が、真ん中のごま油の香りをきかせてくださいました。

ナッツみたいな甘くて香ばしくて、でもくどくない、いい香りの低温焙煎ごま油にしました。

f:id:garadanikki:20160120211555j:plain

このお店、さぞや古くから、、、と思っていたら、昭和10年とは予想よりは新しいお店なんですね。

あらら、先を急ごう、ランチが終わっちゃう。

 

歌舞伎がなんとか、と書いてあるお稲荷さん、気になるけどスルー

f:id:garadanikki:20160120203830j:plain

 

着いた。

二度目の楽宴です。

横チンさんのBlogで拝見して、一度来てみたんですが、安さと美味しさにノックアウト。

先日も美味しそうな油淋鶏、鶏そば、マーボ豆腐をご紹介されていましたね。

さて何を食べよう。

 

ランチは、麺類だけでも12種類。

f:id:garadanikki:20160120203832j:plain

定食は、8つに週替わりが2つ。

f:id:garadanikki:20160120203831j:plain

全部、食べてみようと決めたんだから(笑)

 

迷って迷って迷って、、、お店のお姉さんに

「単品ってないのよね、全部、ご飯付よね、二つは無理よね」と聞いてみた。

お姉さんに、笑って無理無理と言われてしまった。

 

そいじゃあ、今日は油淋鶏にします。

先日、油淋鶏を作ったんだけど、ここのは果たして油淋なのかな?

 

じゃーん

f:id:garadanikki:20160120203833j:plain

このボリューム、何?

比較対象が必要か、ご飯がこの大きさ

f:id:garadanikki:20160120203834j:plain

どてーん。

 

食べる前からノックアウトされたような感覚に陥ります。

いったらっきまー

f:id:garadanikki:20160120203835j:plain

おお、ここのは、油淋ではありませんが、よく考えられてますねぇ。

 

ランチで、さっと出せ、すっと食べられるように、鶏肉は骨なしで、1.5㎝厚のそぎぎりにしてある。

それをバッター液 ( あらかじめ粉と卵を混ぜ合わせたもの ) にくぐらせ、高温でジャっと揚げている。

すごーく高温で、油の中でも踊ったのでしょう、衣があっちにとんがり、こっちにとんがりしています。

目つぶって口の放りこんだら、怪我しそう。なんて。

衣をつけた分だけ、味は酸味を多くしてサッパリさせています。

生姜と長ねぎはなし。

豆板醤と、、、チリソース、、? いや、もしかしてタマリンドも入ってる?

そんな、どちらかというとフルーティーな酸味が押し寄せてきて、

ややもすれば、衣の油のモッタリしがちな感じを封じてます。

 

すごい考えられてるなぁ、この店。

 

前回、おじゃまをした時も、黒チャーハンが濃い味な分だけ、スープの優しい味との対照に感動したけれど、味のバランスを取るのが非常に上手なコックさんなんですね。

 

いや。これはこれで、おいしゅうございました。

食べ進む内に、油淋鶏ソースが奥のキャベツのサウザンアイランド系のドレッシングと

溶け合わさって、それもご飯がすすむ味になったりして、面白いわぁ。

f:id:garadanikki:20160120203836j:plain

楽宴さん、おそるべし。

 

隣の人は、私が迷った鶏そばを食べてるし、何人かは、エビと卵のチリソースを食べてます。

うーん、あれも美味しそうだ。

二つ食べたんだから、あと二十回通えば、制覇という計算になる。

楽宴さん、ごちそうさま、おいしかった。

また伺います。