garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

ぶーふーうー 勝浦 ふたたび ~吉野酒造(腰古井)

ホテルの人に教えて貰った道を走っています。

f:id:garadanikki:20180520112903j:plain

「MAMA、Aney。ちょっと寄り道させてね。」と向かったのは、吉野酒造という酒蔵です。

道すがら『腰古井』という看板を何度も見たもので気になってしまったんです。

f:id:garadanikki:20180520112904j:plain


ふわふわって、何だろう。
「ほら、酒まんじゅうか何かだよ きっと」と、お酒を飲まない2人の興味を刺激。

f:id:garadanikki:20180520112908j:plain


おお~っ、登録有形文化財ですか。

f:id:garadanikki:20180520112910j:plain


建物を見るだけでも面白いはず。。。

f:id:garadanikki:20180520112909j:plain


酒林も、かなり熟成された色。

f:id:garadanikki:20180520112911j:plain


凄いラインナップです。

f:id:garadanikki:20180520112913j:plain


運転手なので利き酒できません。

なので化粧瓶を買おう。

f:id:garadanikki:20180520112914j:plain


MAMA、お姉ちゃま、ゴメン。
 ふわふわって酒まんじゅうじゃなくて、酒でした m(__)m

f:id:garadanikki:20180520112917j:plain


「ウチ、古酒作らないんですけど、

 蔵を整理してたら見つかった26年前のお酒なんです」とお店の人。

f:id:garadanikki:20180520112918j:plain

瓶は空で展示されてるけど、中身はきっと琥珀色なんでしょう。

 

徳利にお猪口

f:id:garadanikki:20180520112912j:plain

これも蔵の隅に転がっていたものだそうな。

時代劇に出てくるような形の徳利が魅力的。



今の時期、酒蔵の方は静かです。

f:id:garadanikki:20180520112915j:plain

それにしても、凄い瓦。



ん?

f:id:garadanikki:20180520112916j:plain

白い点を辿っていくと、女子トイレ。

オレンジは男子トイレに案内してるんだそうな。

 


駐車場の敷地にある、洞窟

f:id:garadanikki:20180520112905j:plain

吉野酒造の創業は天保年間だそうです。


蔵の環境は、雄大な自然に囲まれた敷地には、樹齢数百年の古木が生い茂っております。
その古木の群れの中に横穴式洞窟が穿かれ清冽な天然水(軟水)を湧出しています。

吉野酒造 HP より

 

f:id:garadanikki:20180520112906j:plain

水の音が聞こえます。

チョロチョロではなく結構な水量。

この酒樽は、何かしら?

f:id:garadanikki:20180520112907j:plain



腰古井を4本 Getしました。

留守番のMOURI へのお土産です。 

腰古井~吉野酒造
〒:勝浦市植野571
TEL:0470-76-0215